misty' Blog

旅行が中心ですが、趣味など経験したものを書いています

東京 隅田川花火大会を第一ホテル両国で

【2010年8月1日の日記より】

 

東京行き。

隅田川花火を第一ホテル両国で見よう!」というのを
どこかでキャッチし、とりあえず、申し込んだ。

 

第一ホテル両国の花火プランを予約する

決められた日(6月6日)に、電話予約。なかなか繋がらなかったけど、
結局、ずっと売れ残っていた模様。
でも、ぎりぎりには、埋まったみたいか?今見たら「完売」

 

じゃらんの過去のコメントで
じゃらんでも、売りに出していた模様。(昨年度)
でも、今年、じゃらんも、チェックしていたんんだけど、
花火大会の日は、受け付けていなかったみたい。(ぎりぎりの頃は
忘れていたからチェックしていなかったけど)
じゃらんは、素泊まりプランや、花火が見えない側の部屋も
扱っていたみたいなんだけど・・・

ということで、今回申し込んだのは、
「1泊朝食+バイキングディナー付き」で、カジュアルツイン。
一人¥19,000
二人で¥38,000

清澄通り側のお部屋となりますので、お部屋からは隅田川花火大会の第一会場が斜めの方向にご覧いただけます。
第二会場をご覧いただくにはお部屋の外からご覧いただく必要がございます。」


スタンダードツインを先に注文したけど、売り切れってことで、
カジュアルツインに。
前に、このホテルに泊まったことがあったけど、確かに前より
狭かった。
前はスタンダードツインだったのかな~。
ちなみに、スタンダードツインは、一人¥20,000
セミダブルは、¥16,000。

参考までに・・・・
【花火の日お食事&ご観覧セット】
1グループ4名様 ¥126,000
※4名様・1グループにてお申し込みください。

 

花火大会当日

第一ホテル両国の出入りについて

第一ホテル両国は、出入が厳しい。宿泊の人とかじゃないと
入れない。許可証がいる。複数ある出入り口も、封鎖して、
メインの出入り口のみ。
警察官や、ガードマン(?)がいっぱい出ている。

 

ホテルの窓から道路の場所取りの様子を見る

18時から、道路規制するみたいで、道路規制したら、
片側二車線が、開放される。
なので、ブルーシートを持った人たちが、場所取りに
眼の色を変えて、歩道に待機。
反対側は、緊急車両用として確保なので、ブルーシートは敷けない。


しかし、毎年陣取っている人たちは、
右折用の車線は、大丈夫とわかっていて、
そこを狙って、待っている。

18時過ぎたけど、まだ開放されない。
誰かが、引き出すと、我も我もをブルーシートを持って飛び出す。
しかし、まだ車が通っていた~。
ガードマンが、また忠告する。
「車が通りますので、どかしてくださーーい」
で、その車が通ると、その後から、また我も我もと場所取りが・・・・

すごかったです。
反対車線の右折用の車線にブルーシートを敷いた人は、
ガードマンに怒られる。
「こっちの車線は、場所取りはできません!」
気の弱い人は、すごすごと、引き下がるが、
毎年の人は、
ここは、毎年、いいんだよ!と絶対に、ひかない。
結局、居座ったもん勝ち。

ということで、18時から、道路にブルーシートを敷き詰めて
花火を待っています。

 

部屋から花火を見る

それを見届けて、始まりは19時05分なので、
一度、部屋に戻りました。

テレビ東京で生中継もやっているので、テレビをつける。
第一会場は19時05分始まり。
第ニ会場は、19時半より。

第一会場の花火が始まりました。
確かに、第一会場が窓から見れる。
しかし、遠い。(らしい)

夫「東京の人って、こんなんで満足しているのかな~。(東京の人、ごめんなさい)これじゃあ、祇園(ウチの市)花火を〇〇で見るより、
ずっと遠いよ」

ってことで、第二会場(多分、この辺の地上からは、第一会場の花火は
見ることができない。ホテルの部屋からは、見れるけど)が
始まる頃、ホテルの外に出ました。

f:id:mistysonata:20190619202239j:plain

2010年 隅田川花火大会のパンフレットより

 

ホテルから出て、花火を見に行く

とにかくスゴイ人でしたが、場所取りしている側の道路の歩道は、歩けるようなので(でも、歩道にも居座っている人がいるので、一列で歩ける程度しか隙間がない!)
そこを花火に近づきながら、歩いていきます。

f:id:mistysonata:20190619202457j:plain

上記の画像の黄色で書いた線が私たちの歩いたルート。

どこまで歩いて行けるのか?
全然わからないままに、とにかく歩き、
歩きながら、第二会場の花火が打ち上がるのを見ることができます。
駒形橋まで知らないながらも辿りつきました。 (20時頃)


知らない間に、私たちの前にプラカードを持ったお姉さん(婦人警官?)が。
そのプラカードには
「11グループ(だったかな)」と書いてあります。
「11グループ、しばらくお待ちください」と。

どうやら、グループに分けて、一番のポイントの
「駒形橋」を渡りながら花火を見る!という風になっているようです。

さすがに、一番ポイントでした。
左に、第二会場の花火が、すぐそばに見えるし、右側は、
ちょっと離れているけど、第一会場の花火が見れる。
両側に花火を見ることが出来ながら、
少しずつ、前進していくって訳です。

東京ミレナリオ」「神戸ルミナリエ」って感じです。

橋を渡っている時が、8時20分頃。
もう少し遅くて、次のグループだったら、最後の花火が
絶景ポイントで見れたかも。


駒形橋を渡って、戻る道は、ビルが高くて、よく見れませんでしたが、
それでも、ビルとビルの隙間では、見ることができました。

東京、風がないし、すごい湿度。
汗だくになって、ホテルに戻ってきました。

それなりに、面白かった~。

 

第一ホテル両国のディナー

順番が逆になりましたが、
夕食は、バイキングじゃなかった。
「宣伝に偽りあり」だな。
ま、別にバイキングじゃなくてもいいけど、
コース料理でした。

前菜、スープ、サラダ、パン、メイン(ステーキと魚が一つのお皿に乗っていた)、デザート(ケーキ)、コーヒー。

f:id:mistysonata:20190619202838j:plain

 

第一ホテル両国の朝食

朝食は、バイキング。
うーーん、あまり大したことはなかった。マズイわけじゃないけど。
とっても美味しいってわけでも。

f:id:mistysonata:20190619202827j:plain

ということで、素泊まりプランがあったら、それでいいなー。
窓から見えない部屋でも、外に出て、歩いてみてもいいので、
それでもいいかなー。
と思いました。

歩道に、いろいろなお店が出店を出していて、
この第一ホテル両国も、いろいろ出していて、
その中の「サイコロステーキ¥500」が気になっていたので、
花火を見て、帰ってきたときに、
まだ残っていたので、買いました。

それを部屋で食べましたが、これが一番美味しかったかも。
少しチープっぽい味がよかった。
タレが、美味しかった。