misty' Blog

旅行が中心ですが、趣味など経験したものを書いています

パリ実質2日目(8) バトビュス

二回目のパリ 目次はこちら

 

【2011年4月19日の日記より】

去年は「バトビュス」を知らなかった。

セーヌ川は、夜ディナークルーズを体験。
息子が英語サイトから直に予約してくれたので、
団体客もいなくて、乗客は5組だけ。

いい感じだったのに、かなり体調が悪くて、ほとんど食べられずにテーブルの上にうつぶせていた私げっそり

www.mistysonata.work

ディナークルーズをする余裕(自力で予約する余裕)はないけど、 情報を探していたら、このバトビュスに出くわした。

 

元々は、シテ島からエッフェル塔に行くのに、メトロだと乗り換えとか、メトロじゃなくて、RERだとか、
よく覚えていないけど、なんか、行く気無くすルートだったんで、

まてよ?セーヌ川沿いをぐるっと回ってくれて
観光も出来て、乗り換えなしでエッフェル塔に行けるじゃん!

と、だんだん、その気に(バトビュスに乗るモード)なってきた。

 

できれば、最終くらいに乗って、夜景っぽいのを見れたらなぁ~
って思っていたけど、それは、全然ダメでした。
明るい、明るい。

*1

 

バトビュスには乗ってみたい!(道が分かるところは)走ってシテ島を抜ける。
確か、地図では、シテ島の反対側のセーヌ川沿いを、西の方に歩いて行けば、乗り場があるはず。見つかるはず。

不安になりながらも、小走りする。

今回は、思いの外、すぐ見つけた。

「あ!これっぽい。この階段を降りていけば、ある。気がする」

幸運だったのは、いかにも、バトビュスを待っているような人たちが数人いた事。日本人では無いので、聞くことは出来なかったけど。

彼女たちがいなければ、本当にここでいいの?と不安だっただろう。

なかなかバトビュスは来ないけど、待ちながら、写真を撮ったりする。
多分18時ちょっと過ぎ。

 

いい加減、待った後に、(この季節は25分間隔で運行らしい)

「あ!」と気づく。

 

確か、チケットを買わなくてはいけなかったような・・・
ネットに
「切符売り場 :バトビュスの停留所 ★おすすめ これがてっとりばやい」 とあった。

あわてて、切符売り場を探す。
後ろから付いてくる友。

 

あったあった。

私「チケット、プリーズ」だったか、「チケット、シルブプレ」だったか。

お姉さん、何か言っている。
わからないなりにわかったということは、英語で説明してくれたのだろう。
フランス語だったら、全くわからなかったと思う。

 

多分、運行が19時までだから、全部は乗れないよ。と。
途中で、降ろされるよ。と。それでもいいのか?
そんな感じ。

一日券で14ユーロなんで、勿体無いといえば、もったいないけど、絶対バトビュス乗るモードなんで、絶対乗る。ひと区間でも乗ってやる。


いや、ひと区間は、ちょっと悲しいか。
しかも、変なところで降ろされたら、予習をしていないので、路頭に迷ってしまう。

ちょっぴり悩みながら、聞いていると、

どうやら、「エッフェル塔までしか、いかないのよ。いいの?」
と言っているらしい。

エッフェル塔?」


もともとエッフェル塔で降りるつもりだったのだ。

「やった!」「よし」
と、友達と顔を見合わせて喜んだ。

急いで、切符を持って、乗り場に行く。
まだ、バトビュスは来ていない。

あー、ラッキだったね~。
18時半か、過ぎていたか、
ということは、下船は、19時半くらいになりそうです。
19時ジャストに、終了じゃない感じでした。

ほどなくバトビュスがやってきた。
まず、降りる人を降ろして、乗船。

バトビュスの中は、一応、スリなどに狙われないように緊張はしていたけど
まぁ、ちょっとほっとできる空間でした。

ほどほどのお客さんで、
あっちやこっちの椅子に移って(他の人達も)のんびり、周りの景色を見れます。

シテ島からサンルイ島、そして、バトビュスまで、
走ったり、道に迷ったり、忙しかったので、ふたりとも喉が乾いていました。

多分高めだと思うけど、バトビュスには、自販機があったので、飲み物を購入。

ガラス窓があるので、写真を取りづらいけど、デッキに出て写真を取ることもできます。

フランス語で多少案内があったかな?

あ、そういえば、切符売り場のお姉さん
「(日本語で?)案内がないけど、いいの?」とか聞いていた気がする。
「どこの国の人?」って聞かれた気もする。

f:id:mistysonata:20181111173733j:plain

f:id:mistysonata:20181111173817j:plain

f:id:mistysonata:20181111173832j:plain

↑これが、バトビュスの船

f:id:mistysonata:20181111173906j:plain

f:id:mistysonata:20181111173946j:plain

本当は、一日、このバトビュスに、自由に乗ったり降りたりしながら、セーヌ川沿いをフラフラ観光やら、お茶やら、ショッピングやらしたかったな~。

モン・サン・ミシェルへ行かないで、
丸3日くらいあれば、のんびり出来るだろうか。

次回は、

  • バトビュス一日券で移動しながら、一日その近辺を観光&で、ショッピング
  • バス(に乗ってみたいので)とメトロで、モビリスを使って、一日観光&ショッピング
  • ホテルは、好きな時に戻って、買ったものを置けるような立地の所を選ぶ。

ですね。

それとは、別の案で、
オペラ座から歩いて行けるようなホテル(で、安い所があるかどうかはわからないけど)を取って、オペラ座でバレエを見る。

とにかく、バトビュスは、のんびり出来て、観光も出来て、
すごくよかったです。お薦め♪

 
うろ覚えですが、18時40分~19時20分くらいまで40分くらい乗っていたような。

時間を明確にするために、あえて写真に時刻をいれたのに、あっていない・・・・。 
だったら、時刻入れなければよかった。
いや、一時間ずれているのかな。

*1:2018年11月11日追記:おっ!じゃ、3回目のパリは2月に行くので、もしかしたら夜景見ながらバトビュス乗れる????