misty' Blog

旅行が多いですかね。あとは読書や家のハード的なことなど日常的なもの

プレスバターサンド

夏に東京駅に行ったときに、並んで買いましたが、

buttersand.com

なんと、現在

タカシマヤのお歳暮で、送料無料です。

www.takashimaya.co.jp

価格は?高めになっていない?

と思いましたが同じ価格

15個入り 2,650円です。

 

このプレスバターサンド、札幌に行ったときに買う、

www.kinotoya.com

www.new-chitose-airport.jp

焼きたてチーズタルトの「きのとや」の息子さんが作った会社「BAKE」の商品です。

「BAKE」と「きのとや」

 

話は逸れましたが、

並んで買った「プレスバターサンド」が、送料無料で手に入るのであれば・・・

とお歳暮ではありませんが、「ポチっ」と買ってしまいました。

 

同じような人気商品が東京にはいっぱいあって、実はもうどれがどれだかわからなくなってきています。

昔は、

  • ギャレットのポップコーン
  • 八天堂のクリームパン
  • ねんりん屋のバームクーヘン
  • クラブハリエのバームクーヘン
  • ガトーハラダのラスク

にも並んだなぁ~

 

 

エアアジアセール

昨日(2018年12月10日12時から)より

エアアジアの春夏便?セールが始まっています。

www.airasia.com

エアアジアの名古屋⇔新千歳便。来年3/31(日)からのご搭乗の予約受付が12/10(月)お昼12時からスタートします!片道2,019円からというお得運賃でもうすぐご予約テイクオフ
予約期間:2018年12月10日正午〜2018年12月16日
搭乗期間:2019年3月31日〜2019年10月26日

 

というのをFacebookで見て

今年度(平成30年度)は、町内会のお役目がまわってきたので、どんなお役がいつあるかわからず、キャンセルできないものは避けていて、航空機にも乗っていませんでしたが、

久しぶりに札幌行きたいな~と思い、

 

それでも、どうしてもっ!ていう訳ではないので、仕事の昼休みではなくて、仕事から帰ってきてから、パソコンを立ち上げて見てみる。

 

適当な日にちを入れて検索すると、片道2019円があと3席限り。

金曜日出発の往路が、一人 2,019円です。

帰りは、土曜日も日曜日も同じ値段だったので、

しかし一人4,680円ですが、二人分を押さえて購入。

この運賃の中には、すでに、空港施設使用料が含まれていて、

これ以外に必要なのは、決済の手数料2400円。

 

合計 二人で、往復13,398円でした。

なんか、BIGメンバー割引 片道300円してくれています。

過去に一回チケット購入した時に、BIGメンバーに登録しました。

 

最近、まめに見ていなかったので、もうLCCも安いのないな~と思っていましたが、タイミングが合えば、まだ安く買えるんだ。

九州にも行きたいので(クラシックホテルの会をコンプリートするため)まめに、見ることにします。

 

決済は、クレカとコンビニと迷ったのですが、

以前、カード決済をして、往路と復路を逆に取ってしまったことがあり変更できずに、チケットを捨てる羽目になったことがあり

安全策でコンビニを選択。

 

しかし、コンビニ支払が24時間以内で、えーー、仕事があってちょっと忙しいよ~と、悩んでいたら、ペイパルで、ネットから決済できました。クレカとコンビニとペイパルと、どれが一番手数料が安いかは私には不明。

 

 

 

 

 

初めての「いきなりステーキ」

劇団四季

名古屋で劇団四季の「ノートルダムの鐘」観劇してきました。

「四季の会」に入っています。年間2160円です。

今までは毎月会報誌が届いていましたが、最近規約が変わって、会報誌が必要だと3240円/年、不要だと2160円/年になりました。

年に1回か2回くらいしか見ないのですが、先行予約ができるので、入っています。

今回のノートルダムの鐘も、先行予約で、C席を購入。

3,240円です。一番後ろの二列くらいがC席で、安いし、全体が見えるし、一番後ろだと、後ろに気兼ねしなくていいので、気に入っています。

www.shiki.jp

さて、友人と名古屋駅で待ち合わせ。

最初は、舞鶴館という日本食?のお店に行こうと思っていましたが、

maizurukan.co.jp

ここ、ランチは、1000円くらいで食べられて落ち着けていいんです。

ゲートタワーモールの1階のサラベスが2~3人しか並んでいなかったので、「サラベスにする?」と並びかけましたが、友人が「パンケーキより日本料理の方がいい」というので、列から抜けて、舞鶴館の方へ・・・

ところが、途中「いきなりステーキ」を発見。

笹島交差点のところです。

いきなりステーキ

私「あ、いきなりステーキだ」
友「私、一回行った事あるよ。ここでもいいよ」
というので、初「いきなりステーキ」

でも友達は、行った事があるんだけれど、その時は、平日のランチだったそうで、 システムが違う。
平日のランチは、ランチを頼めば、スープ、ライス、ステーキ、サラダがセットで注文が難しくないらしい。

今回は、
・お肉を頼む
・サイドメニューを選ぶ

という感じで、

f:id:mistysonata:20181209134439j:plain

↑お肉を選びます。シェフ?のところまで行って、注文します。

f:id:mistysonata:20181209134529j:plain

↑サイドメニューから、「ライス&スモールサラダセット」350円を選んで、女の子にオーダーします。

f:id:mistysonata:20181209134629j:plain

↑「お飲み物は?」と聞かれて、最初は、水があればいいから、要らない。って言おうと思ったけれど、「グラス生ビール」を見つけて、オーダー。270円。

f:id:mistysonata:20181209134843j:plain

↑サラダのドレッシングとかナイフ・フォークなどここにあります。

 

お肉の注文が良く分からず、
私「100gにしよう~。あ、やっぱ70gにするかな~」
友「私は、100gじゃ足りないから150gにする」

サーロインのミディアムでね~。と友人に託して行ってもらったら、

友人が戻ってきて「最低200gからだって〜〜」

えーー、一人200gは、多いよね~~。
私「じゃ、二人で、一皿200gって出来るかな~」

また友人が行ってくれて、
友「OKだった♪」
友「切ったお肉が238gだけれど、それでいいですか?って言われて、いいって言った」

そうなのね。きっちり200gって切れないから、多少のそういう誤差(38gって誤差か?)があるのね。

f:id:mistysonata:20181209134934j:plain

大根サラダ

f:id:mistysonata:20181209134951j:plain

二人で一皿の238gのサーロインステーキ。

その後、お姉さんがお肉を持ってきてくれるのですが、
「あのぉ。一皿しかないんですけれど、いいんですか???」
私たち「うん。シェアします」
お姉さん「じゃ、取り分けるお皿もってきますね~」

美味しかったよ~~。
友人が言うのには、
「うちの旦那も言っていたんだけれど、和牛の脂が入った、とろけるような肉はもう歳だから、くどくて食べられないけれど、こういうお肉だったら、食べれる」

そうか~。そうなのね。上質なお肉じゃない方がいいのね~。

お会計

で、お会計の時に、
一番下に、1951円とあったので、二人で1000円づつ出してお釣りを半分こしよ~~と
お金を出したら、
お店の人が「・・・・・・」

なんと、1951円は、お肉だけのお値段でした。
そうだよね~。ビールも飲んだし、安すぎるよね〜。
でも、合計金額を大きく書いておいてよ・・・・
結局3500円くらい取られました。(二人で)

お肉を一人前を二人でシェアして、一人1750円くらいか~。
普通に食べたら3000円弱くらいしちゃうね。
ステーキだから、しょうがない?
特に安くはないんですね。

ま、一度食べたかったから、満足です。
お肉自体は、味付けも含め美味しかったです。

喫茶リヨン

「いきなりステーキ」の飲み物欄を見て、友が「コーヒーはないのか・・・」 と言っていたので、
向かいにある、一日中モーニングがあるという有名な喫茶「リヨン」

お腹いっぱいなので、コーヒーだけでいいけれど、くれるっていうのならば、せっかくだから、モーニングも。
お肉、半分こだったしね~。
でも、それぞれに一人前のモーニングトーストだと多いので、一人分だけ頼もう。 
モーニングを頼まない人は、「カステラが付きます」と言っていましたが、
どう見ても、カステラには見えないクッキーみたいなものでした。
https://tabelog.com/aichi/A2301/A230101/23003160/

その後、13時開演の「ノートルダムの鐘」を見てきましたが、よかったです。

LCCなどで行った旅行記(目次)

2013年4月に初めて、LCCのJetstarのチケットを買い、それ以来何度か旅行に行っています。

まとめてみました。

FDAは、LCCではありませんが、飛行機のプチ国内旅行ということで仲間に入れています。

基本一泊二日の弾丸ツアーで、たまに二泊します。

たいてい金曜日に仕事を休んで出発。一泊して土曜日に帰ってくる。

その方が、航空料金が安いから。たまに、復路の便が、日曜日も安かったりすると二泊することもあります。

ホテルは、「じゃらん」などでなるべく安いホテルを探し、でも温泉があるところは、ビジネスホテルではなくて、温泉がある宿を探して、一泊朝食付き、もしくは素泊まりを選びます。

(作成中で、少しづつ追加していきます)

2013年

2014年

 2015年

2016年

2017年

  • 1月 出雲
  • 5月 青森
  • 6月 高千穂
  • 7月 札幌(トマム
  • 12月 札幌(ミュンヘンクリスマス市)

2018年

  • 3月 札幌(小樽)

風邪をひいて読書

先週の箱根旅行以来の風邪が治らず

仕事には行っているし、習い事も行っているけれど、

咳き込んだりと、辛い状態で、

 

三連休は、出来る限り、安静にしようと

読書三昧。

 

二日間で読んだ本は、

ビブリア古書堂の事件手帖の最新刊

 
ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~ (メディアワークス文庫)

ビブリア古書堂の事件手帖は、全部読みましたが、面白いです。

なんだか、自分が鎌倉に住んでいる気にもなって、別の人生を歩んでいるみたいでわくわくします。

 

胡蝶殺し(近藤史恵

 
胡蝶殺し【電子書籍】[ 近藤史恵 ]

前回、自転車のロードレースの近藤史恵サクリファイスシリーズを紹介しましたが

まだ自分もサクリファイスシリーズは、途中ですが、職場の本好きの人に話したら、近藤史恵は、「胡蝶殺し」が一番面白かった。というので、読んでみました。

題名からなんだか、もうハラハラして、どうなるの?どうなるの?と思いましたが感動ものでした。近藤史恵はいろいろなものを書いているみたいで、サクリファイスシリーズが初めてでしたが、これから読んでいくのが、楽しみです。

 

虹を操る少年

 
虹を操る少年 (講談社文庫) [ 東野圭吾 ]

東野圭吾は、好きで何冊か読んでいますが、全部を制覇しようと思い、過去の発行順に読み始めました。なので、古い本ですよね~。

でも、今の時代に読んでも面白かったです。

読書三昧で幸せな三連休です。

あー、でも今日が最後で、明日から仕事だ・・・・

 

箱根ホテル2018

富士屋ホテルリゾートパスポートの目次はこちら

 

朝5時半頃に出発。
いつものように、朝マックを食べて出発~。のはずが、今日だけマックは夜のメンテナンス? 朝6時オープンのようです。

諦めて、途中のコンビニでマフィンとコーヒーで朝ごはん。

天気が良くて、富士山が綺麗です。

f:id:mistysonata:20181117164607j:plain

箱根ホテル 9時到着。
車だけ置かせてもらって、歩いて箱根港へ。

箱根フリーパス

www.hakonenavi.jp

を購入します。4000円で二日間乗り放題です。
去年、ロープウェイが動いていなくて、断念したからね~。
今年はリベンジです。

まず、箱根港から海賊船に乗ります。私たちが乗るのはビクトリー号です。写真左側。9時半出航。

f:id:mistysonata:20181117164703j:plain

f:id:mistysonata:20181117164652j:plain

途中、元箱根港で、下船する人も、乗ってくる人も。
平日だけど、修学旅行の小学生とか、中国の団体とか韓国の団体とか
人、多いよ~~。さすが、秋の箱根は、大賑わい。

桃源台港で、下船します。
元箱根港にしても、桃源台港にしても、ゆっくり見て、移動すればいいんですが、
もう、どんどん人が増えて来そうで、早く、くるっと回って、ホテルに行きたい~ってのが本音。私、風邪ひいたらしく、喉がかなり痛いし、身体もふわーっとしています。

で、桃源台からは、箱根ロープウェイです。

f:id:mistysonata:20181117165023j:plain

f:id:mistysonata:20181117165047j:plain

ロープウェイからも、富士山が綺麗に見えます。

f:id:mistysonata:20181117165113j:plain
大涌谷に到着。
むかし、子供が4歳と6歳のときに、家族旅行で来ました。

その後も、たぶん来ていると思いますが、昔の思い出の方が大きいですね~。

f:id:mistysonata:20181117165203j:plain

 

f:id:mistysonata:20181117165218j:plain

その時は、登山道だかもっと、近いところまで行けたんですけれどね~
今は行けません。立ち入り禁止になっています。

でも、黒たまごは食べよう。
外の窓口は行列でしたが、それは、ソフトクリームの人もいるからか
お土産屋さんの中に入ったら、黒たまご専門のレジがあり、一人か二人待ちくらいで
購入できました。
ばら売りはしていません。5個セットで500円です。

f:id:mistysonata:20181117165306j:plain

卵を食べるコーナーがあり、そこで、殻を捨てることができます。

f:id:mistysonata:20181117165328j:plain

もう、どこからでも、富士山、見えますね~。ここから見る富士山も綺麗です。
ささっと見て、
早雲山行きのロープウェイに。
早雲山で乗り換えて、今度はケーブルカー。
時間が早いせいか、山から下りるケーブルカーに乗る人はほとんど座れましたが、
逆方向、今から大涌谷に行くケーブルカーは満員です。

そういえば、下の子が4歳で、抱っこして、満員電車のケーブルカーに乗り、押されて押されて、子供の靴が脱げて、やっとケーブルカーから降りた時に
「あ!靴がない!」
最終的に、ホームの下に落ちていたのを、見つけてもらって、戻ってきましたが
大変でした。

早雲山からのケーブルカーは、強羅まで。
この時、時間は11時少し過ぎ。

強羅と言えば、「田村ぎんかつ亭」
並ぶのは覚悟の上で、行ってみます。
番号札は38番。
11時20分から待ち始め、一時間待ちで、入ることができました。
番号札発券で、並んでいなくちゃいけない訳じゃないので、ちょっと離れたところで、座っていたりできるので、そんなに大変ではありません。

f:id:mistysonata:20181117165606j:plain

f:id:mistysonata:20181117165620j:plain

相変わらず美味しかったです。
強羅からは、登山鉄道。
こちらも、逆方向は、かなりの乗車率ですが、
今から、湯本へ向かう電車は、ほとんど座れました。

あー、そういえば、湯本で気になるお店があったんだった・・・
ルッカの森。
ここの箱根湯本店限定の、焼きモンブランを食べてみたくて、
箱根湯本ホテルの裏の方ですが、歩いて行ってみました。

f:id:mistysonata:20181117165720j:plain

 

icotto.jp


無料でコーヒーもいただけます。
この焼きモンブラン、美味しかったですが、難点は、食べづらさかな~。
まるごと栗が入っていて、それは美味しいのですが、周りが、パイ生地なので、上手に食べれないのです。

期間限定のコーヒーバウムも購入し、
箱根湯本からバスで箱根港へ。

が、なんとバスが、箱根港まで行ってくれず、少し前の元箱根港止まり。その次のバスだと、だいぶ待つしな~。 
ま、いいか。歩いて帰ってもいいし、パン屋にも寄れるので、元箱根港止まりのバスに乗るか。

元箱根港には、ベーカリー&テーブルがあります。

www.bthjapan.com


去年も、ここに行っていますが、

去年は、パンが、二種類しか残っていなかった。
今回は、同じくらいの時間帯だと思うけれど、7~8種類くらいあった。
ブームが落ち着いたという事か。

で、晩御飯用に、パンを買い、 
元箱根港からは、バスに乗って、箱根港に戻ってきました。

結局、ホテルに戻ったのは、15時40分で、いい具合にチェックイン。
今回、スタンダード(モデレートツイン)のお部屋が満室で、プラス一部屋2000円で、スーペリアツインを予約していました。

去年は、プラス一部屋3,000円で、ジュニアスイートにしました。

f:id:mistysonata:20181117170109j:plain

f:id:mistysonata:20181117170120j:plain

f:id:mistysonata:20181117170142j:plain

f:id:mistysonata:20181117170158j:plain

f:id:mistysonata:20181117170226j:plain

部屋から見える富士山です。

昨年と同じ、ウェルカムドリンクがありました。

f:id:mistysonata:20181117170525j:plain

f:id:mistysonata:20181117170535j:plain

最初は、夕ご飯は、箱根湯本まで出て、ハイカラ亭で食べようかとも言っていましたが、
時間も、もう夕方だし、疲れたので、
夫はコンビニのおにぎりセット。
私は、ベーカリーアンドテーブルのパンで夕ご飯にします。

f:id:mistysonata:20181117170629j:plain

去年は、さほど思わなかったのですが、今年は「美味しい」と思いました。
もっと買ってくればよかった~~。

温泉は、男女入れ替え制です。
大浴場ほどではないので、
チェックインの時に、
「本日は、満室に近いので、お風呂はご迷惑をおかけするかも」
と言っていました。
確かに、4階のお風呂は、まだいいけれど、3階のお風呂は、洗い場が、四つしかなくて、お風呂上りも、四つしか鏡&ドライヤーがありません。

でも、混まない時間帯を選んだせいか、夜と翌日の朝入りましたが、あまり人がいませんでした。

 

朝食はビュッフェです。

一人2200円のリゾートパスポートで10%オフ。それに外税がかかります。

f:id:mistysonata:20181117171027j:plain

シェフがその場で焼いてくれたオムレツです。

かわいい。ミッフィーちゃん。

せっかくなので、オムレツが暖かいうちに、とクロワッサンだけまずは持ってきて

f:id:mistysonata:20181117171138j:plain

その後に、

f:id:mistysonata:20181117171238j:plain

サラダとアップルジュース↑

f:id:mistysonata:20181117171305j:plain

パン二枚とハムなどで、サンドイッチを作って食べました。

完成品を撮るのを忘れました。

f:id:mistysonata:20181117171345j:plain

ガラスの器に入っているのは、パンプディングです。

これは冷めていてちょっと硬くてイマイチでした。

f:id:mistysonata:20181117171406j:plain

f:id:mistysonata:20181117171452j:plain

レストランから見る富士山です。

7時半から朝食で、その後、温泉に入り、そしてお散歩へ。
ちょうど箱根湯本行きのバスが来たので、フリーパスを使って、元箱根港まで乗りました。

美味しかったので、箱根ベーカリーアンドテーブルで、またパンを買おうとしましたが、ベーカリーは10時からでした。
レストランも9時からだし、
やっていたのはカフェだけでした。カフェは8時半から。
ここのレストランのモーニングセットも興味あるんですけれどね~。
きっと並ぶよね~~。

f:id:mistysonata:20181117171617j:plain

で、のんびり散歩して帰ってきました。
去年も歩いた杉の並木道

shizuoka.mytabi.net

 

f:id:mistysonata:20181117171726j:plain


そして、恩賜公園

www.kanagawa-park.or.jp

 

f:id:mistysonata:20181117171809j:plain

f:id:mistysonata:20181117171822j:plain

紅葉は今年は、いまいちなのか、それとも、来たのが早すぎがのか、あまりおぉ~という感動がなかったです。

ホテルに10時過ぎに戻り、家から持ってきたコーヒーを入れて飲み
チェックアウトは11時ですが、10時半頃チェックアウトして帰ってきました。
※ちなみに、箱根ホテルは、無料の水のペットボトル二本と、ドリップコーヒー二杯分&紙コップがありました。

 

まだ大涌谷の黒たまごが残っていたし、朝食がお腹いっぱいだったので、昼ご飯は、サービスエリアで、おにぎりを買い、たまごと一緒に食べて帰ってきました。

今年のリゾートパスポートは終了です。

富士屋ホテルリゾートパスポート【目次】

www.fujiyahotel.co.jp

 

11月16日(金)から一泊で、箱根に行ってきました。

富士屋ホテルリゾートパスポート利用です。

このリゾートパスポートを知って購入し始めたのは、2012年です。

7年間毎年一口買っています。

7年間続けているという事は、なかなか良い。という事ですよね~。

 

一口26,000円で、一年間の間に、富士屋ホテルに、二人(ツイン)で二回泊まることが出きます。土曜日泊はNGです。

素泊まりです。

朝食・夕食など別に頼んでもいいし、頼まなくても良いです。頼む場合10%オフになります。

たまーに、二回分のチケットを二人で使って、朝食・夕食付でご利用できますよ~ってのが、会報で届きます。来年は、それを利用してみたいと思います。

 

詳しくは富士屋ホテルリゾートパスポートのページを参照。

泊まれるホテルは、宮ノ下の富士屋ホテルだけではありません。

です。私はゴルフをしないので、関係ないですが、富士屋ホテル仙石ゴルフコースも利用できるみたいです。

ただ、2019年度から、値段があがり、28,000円になります。ちょっと残念ですが、やっぱり購入すると思います。

 

さて、過去のリゾートパスポートのリンクを作成します。

2012年度

2013年度

2014年度

2015年度

2016年度

2017年度

2018年度