misty' Blog

旅行が中心ですが、趣味など経験したものを書いています

PayPay迷っていたけれど、とりあえず、ヤフーカードだけ作ってみることにした

えーっと・・・・

PayPayどうしよう~。

PayPay(ヤフーカード持っていない)と、楽天ペイ(楽天カード持っている)で、メリット・デメリットはどんなもんだろうか。

もちろん、両方使い分けている人もいっぱいいるけれど・・・

と、ネットで情報を探したりしていましたが、

とりあえず、ヤフーカード、作っちゃおう!

カードの廃止はいつでもできるけれど(出来るのかな?)、カードを作るのって、ある程度収入がないとダメだよね?

来年の3月に今の仕事を辞めたら、無収入になる訳だし(年金はあるけれど)、作るなら今だよね。今しかないよね。今でしょ!

とヤフーカード作るモードになってきた。

 

今年の夏くらいまでだと、なんか新規加入のキャンペーンをやっていて、お得だったみたいだけれどね~。(やっぱり、ここでも出遅れているのだ)

他に何か新規加入のお得な入り方はないだろうか。とネット検索していて、私は現在、アフィリエイトASPに登録しているので、そこのセルフパックというのが使えそうだ。
A8ネットというアフィリエイトサービス内の「セルフパック」というもの。

本来、自分のページに広告を貼って、そこから入って何かを買ってくれたら、広告を貼っているページの持ち主にいくらかの収入が入る。というもので、自分で買ったらダメなのですが、自分で買っても、収入があるという「セルフパック」が、使えそうです。

ということで、A8netにアクセス。

f:id:mistysonata:20191221175946g:plain

現在キャンペーン中で、3,600円貰えるところが、4,600円の成果報酬として貰えるようです。

そこから、ヤフーカードを申し込みます。

f:id:mistysonata:20191221180054g:plain

私は、ツタヤで昔、ツタヤカードを持っていて、最初はクレジットカード機能付きじゃなかったのに、いつの間にか、クレジットカード機能付きに変更させられて、年会費を取られるようになって、あれあれあれ・・・なんなのこれは!もうツタヤでレンタルしないから、解約する!

と思っていましたが、よく調べたら、一年に1回でも、ツタヤカードで買い物をすれば、年会費が無料になる。となっていたので、解約しないで、一年に1回は、ツタヤカード(Tカード?)で、買い物していました。

ヤフーカードを持てば、Tカードと一緒に出来る?ヤフーカードでツタヤレンタルできる?みたいなことも書いてあったので、それもあって、ヤフーカード購入を決めました。本当のところは、どうだかわからない。

f:id:mistysonata:20191221180500g:plain

カードの申し込み途中で、自動リボをどうするかの選択あり。

この自動リボってやつは、くせもので、

これまたエイデンのカード(夫名義)で、知らない引き落としがあり、なんなんだ!

と調べたら、なんと、いつの間にか(最初のころはそうではなかった)なんでもかんでもリボ払いになっていて、エイデンで冷蔵庫を買った時の金額がリボで毎月利息も取られて引き落としされていたのだ。電話で、慌てて、変更手続きを取った。

だから、自動リボは設定したくないんだけれど、この3,000円がね~。PayPayボーナスライドとかあるので、実際に貰えるのかどうかわからないけれど、

後から、変更できるはずだから、忘れないで、変更しよう。それまでは、買い物しないようにしよう。と考えて、「自動リボの設定」をする。

 

昔は、クレジットカードの申し込みなんかは、書類を書いて送って、審査して、それでカードが送られてくるのだけれど、

今回、全部ネットで申し込みして、完了みたいだ。

それはそれでいいんだけれど、どうも、個人情報を入力しまくりで、

これって、もしかしたら、詐欺のサイトじゃないよね?

銀行の口座情報とか、いろいろ入力しているんだけれど、もし、これ詐欺だったら、アウトじゃん。

と申し込んだ後で、

引き下ろせないように、普通預金口座のお金を、少し他の口座に移動しておこうか。と思ったり・・・・

あ!普通預金の口座に金額が少ないと、クレジットカードの審査に通らないかも?とも思ったり・・・・・

ドキドキしながら、申し込みしました。

今も、ドキドキしている。ここ数日は、毎日、インターネットバンキングにアクセスして、変わったことがないか、確認しよう。

こんな怖いことは、もう最後かなぁ~。

歳も取ってきたし、危ない橋は怖くて渡れません。

だいたい、歳を取って、身辺整理をして、カード類も減らさなくてはいけないのに、本当に、これを最後にしよう。