misty's Blog

旅行が中心ですが、趣味など経験したものを書いています

脳ドックの検査、「MRI&MRA」「頸動脈エコー」「動脈硬化」の三つの検査で何がわかったか

さて、先日の脳ドックの結果、ちょっと調べてみました。

脳ドックは、過去に健保が裕福だった頃に、無料で1回受けたことがあり、その時は、MRIだけだったのでしょうか。かなり昔で記憶にありませんが・・。(15年くらい前?)

それ以外にも、3回くらい、頭痛が止まらなくて、心配で、脳外科でMRIだけ取ってもらったことがあります。

いずれも異常はなし。頭痛は、ストレスからくる頭痛?思い当たることがありました。(仕事のストレス、子供2人を連れての単身の渡航など)

 

今回は、三つの検査。

MRI MRA

MRIとMRAは、結果が貰えません。(多分)

医師が、画像を見て、説明してくれます。海馬の事とか、固まり(こぶ?)がないか。とか。 

頭部MRI検査は脳卒中脳梗塞脳出血くも膜下出血)の潜在を発見するのに有用で、頭部MRA検査は、脳梗塞の原因になる「動脈の狭窄」やくも膜下出血の原因となる「未破裂脳動脈瘤」といった脳卒中のリスクを発見するのに有用です。

ということです。

頸動脈エコー

首にジェルを塗って、頸動脈にプラークが貯まっていないか確認します。

f:id:mistysonata:20201128064303g:plain

動脈硬化(どうみゃくこうか)は、名前の通り、動脈が硬くなることです。本来、血管には弾力性がありますが、年齢や生活習慣が原因で血管の内側にコレステロールや線維など、プラークがたまって血管が狭くなったり、弾力がなくなったりします。 そして、たまったプラークが突然破裂すると血栓(血管の中で血液が固まったもの)ができてしまいます。血栓が血管につまってしまうと、心筋梗塞脳梗塞の恐れがあります。

前回、片側が、1.3で基準値を越えていたのけれど、今回、0.9で基準値以内。

頸動脈は身体の表面に近く動脈硬化を検査しやすい血管です。
超音波検査で頸動脈の内膜肥厚(IMT=血管壁の内膜と中膜の厚さ)を調べることで、全身の動脈硬化の程度を確認できるため "動脈硬化の窓" であるといわれています。
IMTの厚みが大きく、血管が狭くなっていれば動脈硬化が進行しています。
この厚みが1.1mm以上と大きく、隆起している病変をプラークといい、この内部にはコレステロールのかたまりがあり、隆起することによりしだいに動脈硬化が進展します。
この血管壁に蓄積するコレステロールは、動脈硬化の危険因子(高血圧・糖尿病・脂質異常症・喫煙など)があると大きくなりやすく、プラークが突然破裂し血栓で血管が詰まったりして、心筋梗塞脳梗塞などの生命に関わる病気を引き起こします。出来たプラークは治りにくいですが、LDL-Cを減らすことにより、プラークの質が変わり破れにくくなります。そのため、これらの危険因子をうまく管理することが重要です。

え?とりあえず基準値に戻った??

戻ったってこと、ありえる?

調べてみると、無くはないみたいなので、もしかしたら改善されたかも。としたら、それはポケモン効果ですね、きっと。
今まで、近くに大きな公園があるにも関わらず、家を出るのが面倒で、近所の人に会うのも面倒で、引きこもっていたのが、面倒よりも、ポケモンしたい!!!気持ちが買って、毎日のように1時間くらい歩いています。

運動は、OKなんですけれど、食生活がねぇ~~。

 

動脈硬化---ABI検査

PDFファイル

ABI検査は、両手(上腕)両足(足首)の血圧を同時に測ることによって、動脈硬化を調べる検査です。なぜ血圧で動脈の状態がわかるのでしょうか。
ABI検査では、ABI/血管のつまり具合とPWV/血管の硬さを測定します。

正常では、足首血圧のほうが上腕血圧よりも高くなります。しかし、動脈の内腔が狭くなったり詰まったりすると、血流が悪くなり、足首血圧が上腕血圧より低くなります。
0.9<ABI<1.3…正常
ABI<0.9…動脈閉塞の疑いがある
ABI<0.8…動脈閉塞の可能性が高い
ABI>1.3…動脈が石灰化している


PWV(Pulse Wave Velocity)脈波伝達速度
心臓から押し出された血液の拍動(脈波)は、血管の壁や血液を伝わって末梢まで届きますが、血管の壁が硬いほど脈波は早く伝わるという性質があります。PWVとは、脈波が動脈を通じて手や足にまで届く速度のことです。PWVの値が大きいほど血管壁が硬くなっていることを表します。
1400cm/s未満…正常 (1200~1400cm/sは要注意)
1400cm/s以上…値が高いほど動脈硬化が強い

さて私の結果は・・・

結果として紙ベースでいただけるのは、これだけです。

左側が、2年前。右側が今年。

プラークは2年前より少なくて、基準値に戻りましたが、こちらは

「足の血管のつまり」は、2年前も今年も基準値です。ですが、ちょっと上がっています。手の血圧より足の血圧の方が高ければ良いらしいです。確かに高くなっています。

ところが、血圧自体、高いみたいですね~。滅多に「高い」と言われることはないのですが、この日は、MRI検査が長引いて、ちょっとイラっと来ていたかも。

 

f:id:mistysonata:20201128070346g:plain

真ん中の項目、こちらが、2年前は、標準範囲だったのですが、「やや高値」になっちゃいました。血圧の流れるスピードが速くなっていて、これは血管が硬くなっている=動脈硬化が進んでいる?ってことですかね~~。

やばいです。1400(cm/s)以内にとどめたい。と言っても、前回も、1423と1439ですが、今回は、1588と1569。

という事が脳ドックでわかりました。

 

コレステロールの薬、どうしましょうか。2週間後に乳がん検診があり、そこでまた血液検査をするので、その結果待ちにしましょうかね~~。

といって、ずるずる引き伸ばしている・・・・・

 

【2020年11月29日追記】

結果が、上記だけと書きましたが、違っていました~~。

f:id:mistysonata:20201129071526g:plain

こんなのが、来ていました。こちらが、結果報告書ですね。これは2年前のものですが、2年前は、「プラークだけが引っかかった」ということになります。