misty' Blog

旅行が中心ですが、趣味など経験したものを書いています

パリ実質2日目(4)レオンのムール貝

【2011年4月16日の日記より】

今回のミッションの一つ

レオンのムール貝を食べる

ネットで旅日記を読んだり、コミュで見ると、
気軽に入れるチェーン店の「レオン」のムール貝がとっても美味しいらしい。

ということで、(モンサンミッシェルからの帰りの駅)モンパルナス駅から歩いていける「レオン」モンパルナス店へ。

www.leon-de-bruxelles.fr

事前にグーグルストリートビューで、方向を確認して、目印となる建物を覚え、手帳に書き留めておいたのにも関わらず、やっぱり道に迷う。

自分の行きたい道が、どの道かってのが、なかなかわからない。

LGの建物を探さなくては・・・その前の道を歩いて行くのだ!

やっと、見つけて、歩いて行く。

やっぱり、こんなにモタモタしていたら、ただでさえ、時間がいっぱいいっぱいなのに、盛りだくさんの観光メニューは無理だよね~。

「あった、あった。ここだ」

と、その前に、信号待ちしているときに、道で売っている絵葉書を一枚購入。高っ!でもしょうがない。

レオンで、ハガキを書いて、切手を貼って、日本に出してみよう。

 

レオンに到着。でも、うーーん、どうやって入るの?
わからないけど、入ったら、お姉さんが、なんか言って、案内してくれた。

メニューも持ってきてくれた。

フランス語で、全然わからない。

量も多いんだよね~。
シェアしたいけれど、フランスって、二人で一皿分けるのって、嫌がられるって聞いたし・・・・

一人は、サラダと飲み物で
一人が、ムール貝と飲み物で
それで、半分っこしよう。

と思っていたけど、サラダが探せない。

あ、なんか、安いのがあるから、これ量が少なそう~。

と、お姉さんが来た時に、それを指さしたら、

それは、キッズメニューでした。

「キッズメニューはダメよ~」と言われて、
どうしよう~。

と悩んでいたら、私より、フランス語も、英語もわからなくて、
私にお任せの友達が、何故か、知らない間に、お姉さんと
身振り手振りでコミュニケーションを取って、
ムール貝を決めてくれていた。えらいぞ、友達。

 

チェーン店なので、二人で、一皿のムール貝でもOKなのね?
で、本当は、私は、ベルギービールを飲みたい所だけど、
もともと、お酒に弱い私。このパリで酔ってしまったら、
大変な事になる。とさすがに、自覚があり、

二人ともコーラを注文。

f:id:mistysonata:20181110073051j:plain

↑これは、ムール貝の食べた後の残り汁。
隣のおじさんが、バケツを持って、ごくごくと飲んでいたので、
私も・・・・・

お姉さんが片付けようとしたのを、制止して、
身振り手振りで、「ごくごくするから・・・」と。
めちゃ美味しい。
味は、トマト味?
友達が言うには、なんか、お薦めをしてくれたみたいだから、
それを頼んだ。との事。

f:id:mistysonata:20181110073134j:plain


パン。バゲット
悲しいかな、友達はパリ出発の前に、歯の詰めものが取れてしまったらしい。なので硬いパンは食べれない。
外側だけ私が食べて、中の白い所を友達が・・・
しかも、ムール貝の汁にしばらくパンをつけて柔らかくして食べていた。
これも、かなり美味しかったらしい。

 

f:id:mistysonata:20181110073230j:plain

ムール貝と一緒に出てくるらしい定番のプレッツェル

f:id:mistysonata:20181110073255j:plain

バケツいっぱいのムール貝
一人で、一人前食べれそうな美味しさ。

レオンにて、絵葉書を書き、0.87ユーロの切手を貼って、
レオンを出た後に見かけてポストで出す。
「JAPON」「PAR AVION」と書く。
とガイドブックにあったので、それを書いて、後は日本語で。

※ちゃーーんと、届きました。

レオンは、次回パリに行ったら、また行きたい。