misty' Blog

旅行が中心ですが、趣味など経験したものを書いています

65歳になって、自動的に繰り下げ年金にされちゃったけれど、後から提出を出して、さかのぼって貰えるという通知が届いた。

夫が65歳になって、日本年金機構から再三の通知(正式には誕生日前後に3回)をスルーしていたら、

  • 今まで貰っていた「特別支給の老齢厚生年金」は打ち切られ
  • 65歳から貰える年金は0円

となってしまったのですが・・・・↓以下の記事

www.mistysonata.work

その「あなたの支給額は年額0円です」という通知が来てから、慌てて、いろいろ考えて、厚生年金だけは65歳から下さい~~。と遅ればせながら出したところ(11月23日にブログを書いているので、たぶんそのあたりに提出したと思われる)

12月10日に、日本年金機構から、「国民年金・厚生年金保険 年金決定通知書・支給額変更通知書」というものが届いた。

理由としてこのような感じで書かれていましたが、

  • 65歳以後にお支払いする老齢厚生年金について、お支払いすることとしました。
  • 一定の年齢に到達されたか、または障害の状態(障害等級)が重くなったなどのため、配偶者および子がいる場合の加算額を年金額に加算しました。

ようするに、提出したので、さかのぼって、65歳から厚生年金は払います。奥さんが厚生年金20年未満なので、加給年金も、つけてあげます。

ということでしょう。

支払いは、12月15日なので、まだ入金されていませんが、

f:id:mistysonata:20191211053035g:plain

こんな感じなので、4か月分の厚生年金(基礎部分の国民年金は繰り下げにした)が入金されることでしょう。
※なぜか、2月の支払額と、4月の支払額は税金が引かれていて上記の支払金額です。12月は、税金が引かれていないのはなぜか。確定申告で支払うのか。

 

夫の厚生年金が平均並みか、平均以下か(平均以上ということはないと思うが)わかりませんが、夫の厚生年金だけだと、月々夫婦二人で、14万円弱で暮らすことになります。夫婦二人とも仕事をまったく辞めてしまったら、いろいろと考えることが多そうです。やっぱり私が80歳まで働くか????大した収入にはならないけれど、多少は補えるだろう。

たまたま、回りに自営業の夫を持つ妻がいて、そのうち一人は、

夫婦二人とも厚生年金が貰えないんじゃ、無理だから、私だけは、多少なりとも貰えるように働く!

と言っています。

残り二人も、厚生年金を支払っていますが、この間会話していたら、二人とも

退職金も出ないし、夫が亡くなると困るから、生命保険も個人年金も払いすぎるほど払っている

と言っていました。

しっかり考えている人は考えていますよね。

私は、学資保険も、100万円ずつしか入っていなかったけれど、当時、同じ年代の子供を持つお母さん方と話していて、

え!?そんなに入っていたの~。うらやましい~。

と学資保険を貰う段階で思った記憶があります。

  • 出始めた頃のかなりお得な個人年金も(友人一人が、これで、掛けた金額の倍くらい貰えると言っていた)
  • ペイペイが出始めた、お得な時期も逃して

お得に暮らしているつもりでも、全然お得になっていない。という、ま、なんでもかんでも、すべて得して生きていくなんてことは無理ですよね~。面倒くさがりだし・・・・