misty' Blog

旅行が中心ですが、趣味など経験したものを書いています

2日目はオペラ座へ

3回目のパリの目次はこちら

 

一日目は、蚤の市とお買い物で、二日目は、オペラ座がメイン。
日本にいるときに、翻訳ソフトを駆使して、予約し、郵送で送ってもらったチケットです。

オペラ座から歩いて行けるホテルに宿泊しているので、夜遅くなっても大丈夫。今回は、バレエを見たいな~と思っていましたが、残念ながら滞在中にやっているのは、昼間のコンサートだけでした。

12時開演なので、行きやすい、帰りやすいのですが、
これがネックで、他の予定が立てられず。

実際は1時間で終了だったので、終了後、美術館に行く時間はあったかもね。

でも、この日は雨で、移動するのも大変だし、
結局のところ、同行者の希望も含めて、お買い物に、あっちへこっちへと行く必要があり、
のんびり美術館で過ごす時間はなかったです。

 

朝はのんびりと時間にしばられずに〜〜

そうそう、昨日、お部屋に戻った時に連泊ですが、綺麗にお部屋が整えられていて
写真を撮る心の余裕もあり

f:id:mistysonata:20190216185529j:plain

f:id:mistysonata:20190216185608j:plain

f:id:mistysonata:20190216185625j:plain

f:id:mistysonata:20190216185642j:plain

さすが四つ星ホテル。今まで泊まったパリのホテルとは違いますね~。

スリッパや歯ブラシはありませんが、フェイスタオル、バスタオル、足ふきマット、シャンプー、コンディショナー、ドライヤーはありました。

二階(日本で言う三階)ですが、通りに面していますが、外装工事中?のため、幕が張ってあり、外が見えません。なので、ずっと窓から外が見えず。
きっと旅行会社は、安く押さえて、その差額で、利益を得ているんですかね~。
特に、プラニングや手配料のお金は取られなかったので。

8年前に泊まったホテルの方が、わーーーかわいい~と感激しましたが、 それは、もうパリに慣れてしまったせいなのか
立地条件もよく、悪くはなかったけれど、感激はあまりなかったです。

パッサージュ二回目

のんびりと朝食を食べて、
ゆうべ閉まっていたお店もあったので、パッサージュに行ってみよう! とパッサージュへ。

今度は、ちょっと早すぎたのか、朝食向けのカフェくらいしか空いていませんでした。
ゆうべ途中までで、引き返してしまったけれど、実はもっと奥まであったんだ~と

f:id:mistysonata:20190216185927j:plain


下(南)の入り口から入って行きます。
パッサージュデパノラマを通り、
大通りを横断して、真ん中の通り「パッサージュ・ジュフロウ」
ゆうべは、ここの最後の手前で「もうここまでだよね~」と引き返してしまいました。

その先にまた道を横断して、もう一つありました。
そこはガイドブックには、載っていなかったです。

f:id:mistysonata:20190216190410j:plain

パッサージュ デ・パノラマ↑

f:id:mistysonata:20190216190527j:plain

↑ パッサージュ パッサージュ・ジュフロウ

f:id:mistysonata:20190216190557j:plain

↑ パッサージュ ヴェルドー (Passage Verdeau)

ついでに、前日の夜撮ったパッサージュの写真

f:id:mistysonata:20190216190636j:plain

f:id:mistysonata:20190216190705j:plain

 

パッサージュ内にあるレストランの前を通りながら

f:id:mistysonata:20190216190846j:plain

メニューです。こんな感じで外に出ていたのを、一生懸命読んで、どこで晩御飯を食べようか考えていました。

どこかのパッサージュの入り口に、ちょっと怖そうなお兄さん二人がジロジロ私たちを見ていたので、行きは、何気なく通り過ぎましたが
帰りは怖いから、もう普通の道から帰ろうか。と最後のパッサージュを抜けて、
東側にある道から帰ります。

帰りながら、「あ、モノップ!」
モノップは、モノプリのコンビニ版です。
違う柄のエコバックがあるかも。と入ってみます。

モノップには、エコバックないのかな~。
見つからないので、二階のお菓子売り場で、お菓子を購入。

f:id:mistysonata:20190216190926j:plain

左上。定番のボンヌママンのクッキー 2ユーロ
右側チョコレートクッキー 2.5ユーロ
下 これ、前回買って美味しかったのを覚えていたチョコクッキー 1.45ユーロ

これだけを持って、一階のレジへ。
まだ早朝なので、空いています。

レジでお金を払っているときに、
モノプリもモノップも、もともとエコバックは、お買い物をした人が、「あ、エコバック忘れた!」用に置いてあるので、レジ付近にある。と何かに書かれていたので、
きょろきょろしていると、ありました~。
レジ前の壁に沿うように置かれていました。
渋い色ばかりです。四つ購入。(現地時間 9時9分)

f:id:mistysonata:20190216191021j:plain

ホテルに戻り、
オペラ座まで歩いて行くけれど、同行者が膝が悪くて、一般人の倍くらいの遅さで歩かなくてはいけないので、早めに出発。

途中、空港へ行くロワシーバスのバス停を確認。

到着したバス停の、少し先でした。
そこで、空港からのお客さんを降ろして、ちょっと前に進んで、今度は空港へ行く人たちを乗せるって感じでしょうか。

オペラ座開演が12時だけれど、1時間前から、中を見ることができるので・・・
という口コミを読んで、11時には、オペラ座に行こう!と思っていましたが、早すぎ。

ということで、オペラ座終了後に行くギャラリーラファイエットのリサーチを。
三つの館があるようです。

本館とグルメ館と、紳士館。
一日中でも遊べそうですが、やっぱり膝が悪くて、お買い物好きではない子が同行者なので、ちょっと無理ですね~。

f:id:mistysonata:20190216191109j:plain

これ、本店(たぶん)
手前が、グルメ館で、
グルメ館の向こうに隠れていて、本店と渡り廊下で繋がっているのが、紳士館。

f:id:mistysonata:20190216191140j:plain

これ、グルメ館だと思う。

道路を挟んで、グルメ館、紳士館、本館が建っています。

f:id:mistysonata:20190216191201j:plain

f:id:mistysonata:20190216191227j:plain

これはオペラ座の裏かな。

時間があったので、オペラ座をぐるっと回りました。
あ、まだ開演前なので、オペラ座には入れないけれど、併設の隣のミュージアムショップは空いていて入れる。

お土産を物色です。

f:id:mistysonata:20190216191315j:plain

あまりに、バレエダンサーの格好をした白鳥がかわいくて購入。 29.95ユーロ
そしてトートバック  14.95ユーロ
un soir à l'opéra
どういう意味?「オペラでの夜」でしたが、これ、オペラ座しか買えないバックかな~。

f:id:mistysonata:20190216191554j:plain

メモ帳。値下げしていました。5.90ユーロが2ユーロ。なので、購入。

 

そうこうしているうちに、11時なります。
メインの入り口に行きましたが、まだ開いていません。
数人待っています。

11時10分頃に開けてくれました。

が、オペラ座の中を見学しようとしている人たちもいるみたいで
「チケットは?」とか聞かれて、断られていました。

ちょっと気分よく、チケットを出しながら、「ボンジュール」と。
セキュリティチェックされて、中へ。

f:id:mistysonata:20190216191739j:plain

中に入りました~。

f:id:mistysonata:20190216191800j:plain

これが有名なシャガールの天井絵?と思いましたが、これではなかったです。
これも、何か有名なんでしょうか。

f:id:mistysonata:20190216191831j:plain

f:id:mistysonata:20190216191848j:plain

f:id:mistysonata:20190216191907j:plain


1階のトイレに行こうと思ったら、二つくらいしか個室がなくて、数人並んでいました。
どうせ、私たちの席は上の方なので、上の方へ行ってみよう~~と
これは、二階だったか、三階だったか忘れましたが、上のトイレはガラガラでした。
でも、一つのトイレに個室二つだと、全然足りないんじゃないでしょうか?
今回、コンサートだから、途中トイレが必要なかったけれど、オペラとかだったら、困っちゃいますよね~。

f:id:mistysonata:20190216191944j:plain

f:id:mistysonata:20190216191958j:plain




f:id:mistysonata:20190216192019j:plain

席についてから見ることができる天井絵。
これが、有名なシャガールでした。

f:id:mistysonata:20190216192041j:plain

まだ、演奏が始まる前で、準備しています。

f:id:mistysonata:20190216192107j:plain

人もまだ来ていない。
今回、コンサートなんで、それほど人気ではないのかな。

f:id:mistysonata:20190216192139j:plain

ボックスになっていて、一番前に二席。ここが私たちの席でした。
その後ろに、二席ずつ、三つか四つくらいセットがありました。
後ろの席の人は見れないですよね~。
私たちでも、乗り出さないと見れなかったから。
でも、誰もいませんでしたが・・・・
後ろには、ソファーとコートかけがあります。

f:id:mistysonata:20190216192207j:plain

人が入ってきましたね~。

f:id:mistysonata:20190216192244j:plain

オペラ座の怪人で、怪人が据わる席は、1階(日本で言う2階)5番ボックス。
どうやら、現在番号が変更されたため、現在は、1階(日本で言う2階)3番ボックスらしい。
写真で撮った、席の向かい側になりそうです。
私たちが座っている席の側(LEFT席?)ですかね~。

f:id:mistysonata:20190216192318j:plain

f:id:mistysonata:20190216192347j:plain

これは、終演後。

f:id:mistysonata:20190216192727j:plain

f:id:mistysonata:20190216192416j:plain

友人は膝が悪いので、エレベータで降りました。

f:id:mistysonata:20190216192441j:plain

あれ?ここってこんなライト付いていたっけ?

f:id:mistysonata:20190216192507j:plain

f:id:mistysonata:20190216192520j:plain

f:id:mistysonata:20190216192540j:plain

今の座席がわかるかな?と思って写真を撮りましたが、違うみたい。この図はなんだろう。昔のオペラ座

私が取ったチケットは、
ネットで買える一番安い席でした。
もっと安い席もあったらしいけれど、ネットでは、そこが一番安かった。
15ユーロです。郵送でチケットを送ってもらったので、送料が4ユーロでした。
3E LOGE DE COTE 7 Place1
とチケットに書かれています。
向かって左側の3階(日本で言う4階?)

「Cat.4」とも書かれています。
これは、カテゴリー4の席ってことかな。

コンサートは2時間くらいかと思っていましたが、1時間で終了。
終了のアナウンスもなく、みんなしつこく拍手をしていたら、アンコールをしてくれました。
演奏の途中で、一人、何かしゃべって、どこかに行ってしまって、中断。
もしかして、トイレ????
戻ってきて再開。

かなりフランクな感じでした。
見ている方も、かなりフランク。
これはコンサートだからなのか、パリだからなのか、わかりません。
楽しい一時間でした。

出演者に日本人の方がいましたよ~。
阿藤果林さんです。
http://www.a-cordes.com/20140811funakoshi

曲目
・岩の上の羊飼い Der Hirt auf dem Felsen D965 フランツ・シューベルト Franz Schubert
・Hirtenlied(羊飼いの歌)
(Meyerbeer, Giacomo(ジャコモ・マイアベーア)作曲
シューベルトの「ます」


コンサート終了後、
歩いていていると、(チョコレート)のリンツのカフェが。
晩御飯は、フレンチを食べるつもりなので、お昼替わりに何かお腹に入れようか・・・
とお店に入る。

f:id:mistysonata:20190216192806j:plain

自分の好きなものを選ぶ気力がなかったので、カウンターの後ろに大きく写真があったので、指さして「サ、シルブプレ」
※「サ」ってのは、「あれ」って事で、フランス語の先生が、これが一番簡単。って言っていた。指さすことは、日本は、失礼って言われているけれど、フランスでは、普通に指さしていい。と、先生が言っていた。

美味しいけれど、そんなに感動しない(美味しくない)
疲れているのかな~~。
現地時間で、13時53分です。

f:id:mistysonata:20190216192838j:plain

カフェの横ではチョコレートも売っています。

 

さ、じゃあ、お買い物に行きましょうか。
長くなったの続く。続きはラファイエットでお買い物です。