misty' Blog

旅行が中心ですが、趣味など経験したものを書いています

私のレーシック体験記(2009年)

老眼治療

レーシックに挑んだ「きっかけ」は?

2009年

直接の知り合いでは無いけど、「知り合い」の「知り合い」のブログを読んでいたら、

急に思い立ってレーシックの検査を受けてきた

後日の日記に

*******
レーシック。
麻酔が切れてから3時間くらい目がしみる感じがしてたけどそれもだいぶおさまって、今は裸眼の世界に感動してます。うーん、ふしぎだ。
明日の午前中にまた検診があるので今日は一人で眼科に激近のビジネスホテル泊です。おやすみー。
********

次の日の日記に

********
今朝目覚めたら視界が超クリア。昨夜眠る直前まで残っていた目の中の異物感も全くなくてとってもいい感じです。眼科で視力検査をしたら両目で2.0でした。夢みたい
*********
と書かれていた。

 

うらやましい!私もやりたい!

6年ほど前(2003年)に、韓国旅行に行くときに、「韓国はレーシック手術が安いから日本から受けに来る人がいる」という情報を得て、「やりたい!」でも、

「高い!」
「外国では怖い!」
「日本も、症例がまだ少ないから怖い!」

で、やる気にはならなかったのを思い出す。

ネットでリサーチしたところ、日本でも症例が増えていて、しかも金額も、お値打ちになっているのに気づく。
「やりたい」度があがっていく。

チャットで、息子(当時、大学生で東京在住)にも、「どう?」と聞くと
息子「いいね~」

しかし、この時点では、まだまだ具体化はしていなかった。

レーシック(病院の選択)

ネットで、どこがいいか調べる。
最初に見つけたサイトで、

www.sightcure.jp

「4大レーシック病院」(当時の情報なので現在とは違うと思います)

という名称に引っかかり、その中のどれかにしようと思う。

ネットで、一応、リサーチ。
病院のホームページやら、ブログ検索して、
実際に手術をした人の日記も読む。

愛知県在住なので、名古屋に分院があるところを探す。

 

候補は「神奈川クリニック」「品川近視クリニック」

 

「キッカケ」になった「知り合い」の「知り合い」は、「神奈川クリニック」で行ったので、他の条件があえば、「神奈川クリニック」にしたと思う。

しかし、私は品川近視クリニックに決定。

 

★品川近視クリニックにした理由★

・老眼の手術(CK)というのをやっている

もしこれから先、老眼の手術をする場合、レーシックと同じ病院がいいような気がした。

・キャンペーンの締め切りが3月末まで

両社とも同じような「紹介者には、4万円が貰える」というキャンペーンを
やっていたが、神奈川クリニックは、期限が2月末まで。

品川近視クリニックは、3月末まで。

 

2月中に、私と息子と二人とも手術をするのは、いろいろ予定が入っていて無理な気がした。(息子と私とお互いに紹介しあえば、二人とも、紹介料がもらえる)

結局、私にそそのかされた感じで、息子も受ける気になっていた。
最初は、私だけ受けて、息子の将来の実験台になろうと思ったんだけど。

※神奈川クリニックも品川近視クリニックも、低料金だが、アフターケア・手術例など良くない書き込みもあったけれど、それを踏まえた上で、ここに決定。

 

※品川近視クリニックでの検査がNGだったら、紹介料が貰えなくても、神奈川クリニックにするか、それとも品川近視クリニックで、他の手術(エピレーシック・ラゼック)にするかは、思案中だった。

【2019年5月11日追記】

10年前の情報なので、レーシックの手法も違っていると思います。技術もかなり進歩しているでしょう。

 

レーシックの検査予約をする

とりあえず検査だけでも受けてみようと、検査予約を決意。

検査は、(品川近視クリニックや神奈川クリニックは)無料だし、 別の目の病気も発見してくれることもあるし~と
自分に言い訳しながら・・・

 

予約決意と同時にホームページで調べて、検査前二週間コンタクト禁止を知る。

 

メガネ生活に切り替えて、検査予約の電話(名古屋は、ネット予約不可)。

 

電話がなかなか繋がらない。30分後に、やっと繋がる。

メガネ生活をあと二週間続けなくてはいけないので、二週間後に予約を取る。

その際にもう「お支払いは、現金ですか?カードですか?」

「手術は今ですと、○○日と○○日が空いていますけど?」とか聞かれて返答に困る。(この時点では、まだ気持ちが揺らいでいた)

 

「あ、その日に手術とすると、その後に旅行に行く予定なので・・・・やっぱり、手術して、すぐ旅行するのは、まずいですよね?」とか、訳わかんない言葉を発して
「手術日は、あとから決めます」と逃げる。

まずは、検査予約のみだ。駄目かもしれないしね~

というのは、 
ネットでクチコミ情報などをリサーチすると
5人~10人に一人は、角膜が薄いとか
瞳孔が大きいとか、近視・乱視が強いとか
他の病気が実はあったとかで、
駄目な人がいるらしいのです。

手術日の仮予約をする

検査予約を入れて、
ネットでまたまた情報を集めていたら、
どんどん「やりたい」度があがっていく

  • 手術日は、仕事のことを考えたら、やっぱり金曜日がいい。
  • 手術日があくと、メガネ生活が長くなる。

と考えると、やっぱり手術も仮予約を早めに入れておくべき。
と思い、またまた、2・3日後に電話をかける。

やっぱり、なかなか繋がらない。

意外にも17時過ぎてからの方が繋がったのは、17時過ぎには、受付電話の人員を増やしてる?

これで、検査手術(二週間後)術後検査の三つの日程が決定。

  • レーシックを思い立った日(2009年2月1日頃)
  • 検査予約(2009年2月17日 14時)
    午前中だけ仕事して早退しようと思ったので、この時間を指定
  • 手術仮予約(2009年2月27日 15時)
  • 術後検査(2009年2月28日 13時) 

術後検査は、次の日の午前中遅くともお昼くらいまでになっているらしいが、この時間しかないと言われた。ホテルに泊まる予定なので、チェックアウト時間を考えたら、午前中の方がよかったんだけど。

 

レーシックの検査当日

午前中だけ仕事をして14時に品川近視クリニックに行く。

ネットで見ると、東京では、待合の椅子も多くて、すごい集団のようだったけど、名古屋は、そうでもなくて、着いたときは、10人くらい。

検査を受けている間に人が集まり、
常時20人くらいが、椅子で待っていたり、検査をしていたりという感じ。

同じ日に息子は銀座院で検査をうけたけど、50人くらいいたらしい。

検査自体は、10種類くらいの検査でしょうか。眼圧とか、コンタクトや眼鏡屋さんでやるような検査とか・・・

品川近視クリニックの検査(HP)

検査について|レーシック手術で視力回復/品川近視クリニック【公式】

最後の検査用に、麻酔(?)の点眼。その薬が効いてくる間に
手術の説明がありました。(文体がバラバラでごめんなさい)

手術の説明ってことは、もう合格したってこと?
いや、みんなが説明を受けているから、多分違うよね・・・

と思い、手術の説明後
スタッフ「何か質問は?」
私「手術の説明をしてもらいましたけれど、手術が受けれるかどうかは、 まだわからないんですよね?」
スタッフ「そうですね~」

やっぱり、そうか・・・


ドキドキドキドキ・・・・

そして、最後の検査。
麻酔かけられているし、リクライニングチェアに寝かされて
スタッフ「直接、目に触れますからね~」

で、さすがにこの検査は緊張しました。

その後、医者の診察で
軽く「大丈夫です。受けられます」

 

息子(大学生)は、銀座院で
角膜の厚さとか、近視の度合いとか、
あと一回は再手術が可能とか(あまり角膜が薄いと、再手術が不可になる) 教えてもらったそうですが、
私は聞きもしなかったし、医者の方から言ってもくれませんでした。

実は、医者に「何か質問は?」と聞かれても
なんか、面倒くさかったので「別にないです」と言い切った私ですが、 もうちょっと、ちゃんと聞けばよかったかな。(少し後悔)

検査は、ちょっきり2時間。

14時に受付で、16時に終了しました。

息子は、3時間かかった。最後の診察が80分待ちだったとのことで、診察の待ち時間で左右されるようだ。

 

点眼後、目が良く見えない。
切符が買えるかと思ったけど、近くは見えるので切符は買えた。
(逆に息子は、遠くが見えなかったと言っていたけど、それが普通みたい)
1時間半くらいしたら、通常に戻った。


検査中椅子に座って、周りを見ていたけど、
そこにいるのは、
検査を受ける人だけではなくて、

  • ふつーに、手術をこれから受ける人
  • フツーに、手術が終わった人も 

一緒に椅子に座っているようです。

もっと、手術後とか、いかにも「手術しました!」って感じかと思っていましたが、検査を受ける人との差がわからない。

受付で、たくさんのお金を払っている人は、手術を受けた人だろう・・・
受付で、術後の保護メガネを貰っている人は、手術を受けた人だろう・・・
診察室の前で、ビニールのキャップを貰って、かぶっている人は、
これから、手術なのだろう・・・

って感じです。

(と思ったけど、どうやら手術前にお金を払ったりメガネを貰うらしいので、 ここにいるのは、手術前の人かも・・・・)


お客さんの層は、
スーツ姿のサラリーマンもいるし、
お母さんに付き添ってもらう息子もいる(でも、18歳以下は
受けれないはずだから、大学生くらいか?)
20代、30代、40代。
と、さまざまでした。

検査が、OKってことで、
手術の仮予約は抑えているのですが、
スタッフ「キャンセルが出て、もっと早くの手術も可能ですけど、 どうしますか?」
と聞かれましたが

仮予約が、ベストポジションだったので、
そのままにしました。

スタッフの対応は、人が少ないせいか、名古屋では、
とってもフレンドリーに思われました。

が、東京では、息子曰く
他の人のブログに書かれているように「事務的」な感じだったそうです。

でも、医者が高慢で、親身じゃない。とも他の人のブログに書かれていましたが、そんな感じは、見られませんでした。(東京も大丈夫だったみたい

 

レーシック手術日はホテルを予約したい

家から品川近視クリニックまで、片道1時間半~2時間なので、
泊まる必要が無いといえばないけど、
実は、この手術を受けたい理由のひとつに
「ホテルでお泊り
っていうのがある。

クチコミを見ると、

「付き添いがいないと、帰るのが大変」

「帰り道で、麻酔が切れて痛くて、涙が溢れて大変なことになった」

とかあるので、それを理由に、ホテルを押さえる。

翌日検診が、13時しか取れなかったので、
「15時チェックイン・12時チェックアウト」に惹かれたが、

結局、「13時チェックイン・11時チェックアウト」のホテルを選択。

13時にチェックインして、お昼を食べて、シャワーを浴びて、病院へ行こう。

ホテルで一人お泊り。きっと暇だろうけど、テレビは見れない。

ということで、音を聞く娯楽を探す。落語のCDを借りてMP3プレーヤーで聴くことにする。

※別に、落語が好きな訳じゃないけど、この際、聞いてみようかと、TSUTAYAに行くと、落語がいっぱい。
 「漫才」や「綾小路きみまろ」もあったので、借りてみる。

 

 

レーシックと老眼について


47歳くらいから老眼が出始めました。 

レーシックでは、老眼は矯正できません。 

それがわかっていたから、 
「今更、レーシックやってもね~。結局、老眼で見えないし・・・」と 
思っていました。 

レーシックを検索したら、 「老眼についてのページ」が引っかかり、よく読まないで、「レーシックと老眼治療と一緒に出来る!」と思い込んで
「やる!やる!レーシック」と思っていました。 

 

確かに、そういうのもあるみたいで、 
「老眼矯正レーシック」

でも、私の受けるのは、普通のレーシックです。 
名古屋では、やってないしね~。 
高いし・・・ 
南青山アイクリニック:老視矯正レーシック…片眼22万円・両眼43万円(税込) 


とりあえず、近視と乱視だけ安価で直して、 
老眼鏡を使えばいいか・・・ 

なんなら、 
「CK」を後からやればいいか・・・ 
品川近視クリニック:CK CK(伝導式角膜形成術…片眼12万円(税込) 
※今ならモニター料金で8.8万円 

と考えたり、 

また、 
クチコミ情報で 
「0・9に矯正してもらいました。これ以上近視を治すと、逆に老眼鏡が必要になってしまうそうです。年齢でためらっている人、今すぐ受けた方がいいです。もっと早く受ければよかった!今の感想は、「並木道の葉っぱの一枚一枚が見える。しかも、自分の顔の皺も見える!」近視と老眼を一挙に解消できました」 

なーーんて、読んだら、 
乱視が治るだけでも、いいかも・・・・ 
もしかしたら、老眼もなんとかいけるかも・・・ 

といい方向ばかり考えてしまっての決行です。 

しかし、 
検査の時にも、 
「目がよくなれば、老眼鏡が必要になりますよ」と言われて、 

やっぱり、そうだよね~。 
近くも遠くもなんて、無理だよね~。 
コンタクトやメガネかけていると、近く見えないもんね~。 

と思いながらも、 
やっぱり、チャレンジです。 

しかし、↑の南青山アイクリニックの 
老眼矯正レーシック 
本当に遠くも近くも見れるようになるのだろうか。 
うーん、お金は高くても、東京まで行けばよかった? 
しかし43万円+旅費は、ちょっとねぇ・・・・ 

ちなみにCKは、片目だけの治療だそうです。 

【2019年5月11日追記】

上記の情報は2009年の情報なので、老眼治療についても、今は全然違うと思います。これから勉強して、チャレンジするかは未定

 

レーシック手術前日のようす

手術前々日に、事件発覚!

視力回復手術で感染(銀座眼科

※2019年補足。上記の事件は、かなりニュースで取り上げられて問題視されていました。

 

でも、まぁ、キャンセルする気はさらさらないし、
これをキッカケに、私の受ける病院が、さらに気をつけてくれればラッキー
と思うことにします。

ところで、

「品川近視クリニック」と
「神奈川クリニック」と二つの病院で、

どちらかと言えば「神奈川クリニック」の方が評判がいいのに、
「品川近視クリニック」に決定したのは、

紹介者制度が、2月末で打ち切られる(手術は3月の予定)というのが、
1つの要因でした。

しかし、
神奈川クリニックの紹介制度は、5月末まで延長!

これは、ある程度予想していたことですが
ちょっと、悲しいかも。

品川近視クリニックで、手術がうまくいけば、いいけど、
結果が思わしくなかったら
「神奈川クリニック」にすればよかったかなぁ~
とちょっとだけ、後悔しそう。

人生の選択肢。
何が良くて、何が悪いかは、
やってみないとわからないけどね

なにはともあれ、
明日、手術です。

レーシック手術当日のようす

当日です。

朝、顔を洗って、何もつけていません。
目の辺りだけだったのかも知れないけれど、
化粧どころか「化粧水」も駄目とか書いてあった気がするので、
何もつけないままで、出かけます。

私は、ホテルにチェックインして、シャワーを浴びてから
病院(手術)に向かうので、今は化粧水とか付けてもいいかと
思いますが、
もしかして、シャワーを浴びる時間がなくなるかも?
と、そのための準備です。

服は「タートルネック」「毛玉がでるようなセーター」
「静電気を発する服」は、駄目っぽいので、悩みます。
寒がりですから・・・

全て「前開き」の服を着てやるぞ!と思いましたが、
なかなか、前ボタンの服だけで、防寒できそうにないかも。

タートルネック」がNGであって、
気をつけて、目に当たらないように、脱げるのであれば、いいのかなぁ~。

とりあえず、朝、気を付けることは、そのくらいだろうか。

お泊りにしても
「コンタクトケア用品」はいらないし、
お化粧はNGなので(って、次の日はいいのか?でも辞めておこう)
化粧道具も、ついでに、化粧品(次の日は、いいんだろうね。でも辞めておこう)も持って行かなくていいとなると、

お泊りセットは不要ですね。
下着の替えくらいか。

テルチェックイン

受付は15時。
テルチェックインは、13時。

JR高島屋で、お昼のお弁当を購入。
夕ご飯用に、パンも購入。
スタバの株主優待無料券があったので、コーヒーもお持ち帰りで
テルチェックイン。

シングルで取ってあったシティホテル。
ツインにグレードアップしてくれていました。

広いお部屋で、お弁当を食べて、コーヒーも飲んで、
シャワーを浴びて(術後は、シャワー禁止なので)
テレビを見て

14時40分。そろそろ行こうかな・・・・
(まだ全然緊張していない)

徒歩5分で行けます。

 

品川近視クリニックに到着(いよいよ手術)

受付。
手術同意書提出。
自分から「診断書もお願いします」と
あらかじめ取り寄せておいた生命保険の診断書用紙を提出。

「荷物をロッカーに置いてお待ちください」

私の前に受け付けた人も、次に受け付けた人も、
これから手術みたいです。

(名古屋院の場合、手術を受ける人も、検査を受ける人も同じ受付場所)

名前を呼ばれて、説明を受ける。

手術や術後の注意事項が書かれたものを渡され、
待っている間に読んでいるように・・と。

術後にかける保護メガネ。黒と透明のふちがあるけど、どっちにするか?

術後の目薬の説明。

だったかなぁ・・
もうすでに、よく覚えていません。

ま、ネットで何度もいろんな人の体験記を読んでいるので
そこで覚えた知識とか、ごちゃ混ぜになっています。

で、また少し待っていて、

その後、最終検査。

機械で、測定するのと
視力検査の二つだけ(だったと思う)

視力検査って、こちらの答え方次第で、角膜だかを削る数値が変りそうで、ちょっと不安。

その後、診察。
目の状態を見て、
「何か質問は?」

私「レーシック受けても、歳とってから、白内障の手術は受けれますか?」
医者「今は、難しいです。(と言ったような気がした)」

え?ホームページで見て、白内障の手術に問題はないような事が
書かれていたような気もしたけど、
ま、今更、だからと言って、手術中止は出来ないし・・・

医者「今は、まだデータが揃っていないから。
   でも、20年後は、データが揃ってきますから・・・
   大丈夫(と言ったような気が)」

ま、私も、白内障が出る歳まで生きているかどうかわからないしね~。
その時に、考えましょう。

医者「他に質問は?」

私「私の現在の視力のデータって貰えますか?
  視力が、0.04だとか、そういうデータ・・・」

健康診断の時に貰える様な一覧表がもらえるかと思ったのですが、
手書きで、カルテから、書き写してくれました。

右目 視力・・・0.05 度数・・・-6.75 乱視・・・-2.0 軸・・・170度
左目 視力・・・0.06 度数・・・-6.0 乱視・・・-1.75 軸・・・180度

それ以外に
医者「再手術は問題ないですね」

人に寄って、角膜が薄いから、再手術が出来ない人もいるらしい。
息子は、普通の角膜だから、一回だけ再手術が出来ると言われたけど、
私のこの「再手術は、問題ないですね」って奴は、
どういうこと?
二回くらい出来るってこと?

医者「近視が強いから、戻りがあるかも知れません」
医者「乱視が強くて、不正乱視があるから、一回の手術では、無理かも」

とか言われました。

ま、やってみたいとわかんないから、
「そうかぁ・・・・」ととりあえず、納得しました。

レーシック(手術開始 フラップ作成)

診察が終わり、椅子に座って待っていると、
椅子に座っている人みんな(3人くらい)にキャップが渡されました。

髪の毛を縛って、耳まで、かぶせてキャップをかぶります。
あ、そうそう受付で、一人一人、名札を貰ったので、
それをぶら下げています。(間違えて手術しないようにね)

メガネは外しているので、よく見えませんが、
三人一緒に、クリーンルームに入ります。
そこでは、靴を脱いでスリッパに履き替えます。
(手術なのに、服を着替えさせないで、手術をするのは、衛生面でどうなの?
 というネット上の書き込みがありましたが、どうなんでしょうね。
 最近、白内障の手術は、どんなもんでしょうか)

 

まずは、フラップ作成。
※2019年追記 品川近視クリニックのリンク先の「フラップ作成」が見つからなかったので、別のサイトですが、

レーシック手術の流れとリスク|最新鋭のレーシック・白内障・多焦点眼内レンズ(老眼)手術は、東京上野の吉野眼科クリニック/レーシックセンター

 

ベッドに寝ました。

ここで初めて
「あーあ、やっちゃったよ・・・・」
と、後悔ではないけど、後悔。
事の大きさに気づいたって感じです。

でも「まな板の上の鯉」

目を固定するために、何かぐりぐりと目が押さえつけられている・・・
これが一番痛かった。というネットの書き込みがありましたが、
痛いというほど、痛くはないけど、確かに圧迫感。

安心できたのは、
作業(手術)をしている間、医師が
「順調です・・・順調です・・・・順調です・・・」
と繰り返して言っていてくれたこと。

何が行われているか、わからないので、不安だったけど、
「順調です」の言葉で、単純な私は、
そうか、順調なのか。とほっとしていました。

レーシック(レーザー照射)

あー、本当にやっちゃったよ。

レーシック手術の前半のフラップ作成終了で、
このまま辞める訳には、いかないです。

後半の手術(レーザー照射)を受けない訳には、いかない。

ということで、次の部屋に案内される。
ベッドに寝て、レーザー照射。

感想は・・・
変なたとえだけど、「お産」みたい。
なぜかというと、もう二度とやりたくない。(もう二度と産みたくない)
と思うけど、第二子も産める(必要とあれば、もう一回手術ができる)
って感じ。

レーシックは、全然痛くないけどね(お産は、本当に痛かった・・・)

でも、あの恐怖感。不安感。
ギャーーーー!って感じでした。
口には出さないけど。

時間も短くて、片目何十秒?だっけ、そんな感じだけど、
「まっすぐ見ていてください」と言われて、
見ているけど、

最初は緑の光を見ているけど、
赤く閃光したり、白い光がぱぁ~と光ってまぶしかったり、
自分がどこ見ているか、わかんなくなって、
目をぎょろぎょろ動かしてしまっている感じで、

駄目駄目。手術に影響がでちゃう?と不安になったり、

途中で、バシャバシャっと、目を洗ってる?
水(だか、なんだかわかんないけど)をかけられたり、

ホント、訳わけんないのが、目の上で起こっていて、
ギャーーー!って感じです。

片目終わって、

「ハイ。次右目やりますからね~」

と言われて、

あーー、もう一度やるのかぁ・・・

同じことを、もう片目でやられて、
「(照射率が)50%です」
「65%です」
「終了です」

と、終わりました。

その後、別の部屋でリクライニングベッドで、
30分くらい、安静にします。

目を瞑って安静にしますが、目が乾燥するので、時々瞬きしてください。
と言われて、横になっていました。

30分経って、医師の診察があります。
5人くらい、その部屋で休んでいて、順番に医師の診察があります。

「大丈夫ですね~」
で、終了。

私の後の人は、
「あの、よく見えないんですけど・・・」
すごく不安そうに質問していました。

医師「今は、まだ術後なので、見えなくて大丈夫です」
と答えていました。

元々視力が0.04の私。
メガネなしだと、歩ける訳ないから、

現在、メガネなしで、歩けるってことは、よく見えているじゃん。
確かに、よく見えています。
ただ、いきなり、「くっきりはっきり」まで期待はしていないので、
ま、こんなもんか。と
歩いて、ホテルに帰ってきました。

 

レーシックの手術後ホテルに戻る

ホテルに帰ってきて、
注意事項を確認しようと、
目薬を確認しようとして、

うーーん、心配はしていましたが、
まさに!
注意事項の字が・・・
読めない!

老眼のせいだと思います。
老眼がはっきりしちゃったせいだと。

そのために、老眼鏡(百円均一の一番、度の低い奴)を
持って来ましたが、
それをかけても、読めない!

ホテルで部屋が暗いせいもありますが、

非常に困りました。

自宅に帰っていれば、夫に読んでもらうこともできたのに。

見えない目で、一生懸命読んで、目薬を差しました。

ちょっと不安。
こんなんでやっていけるのか?

右目と左目。
右目は、はっきり見えるけど、
左目は、霞がかかっている。

大丈夫か?失敗か?
ま、術後だからね。と自分を安心させて、
ベッドにもたれながら、用意していたMP3プレーヤーで、落語を聴く。

術後4時間くらいは、寝てはいけない(瞬きをしないといけないし、
目薬を差さなくてはいけない)ので、

その後、テレビにバスタオルをかけて、音だけ聞いたり
(タイミングよく、「心に残る名曲集」とかで、
 70年代、80年代とかの、ヒット曲をやっていました)

22時半くらいに就寝しました。

 

レーシック手術をした翌日

ゆうべは、よく眠れなかったよ~。
やっぱり、緊張していたり、不安だったりしていたんですね~。

朝食は、朝マックに行こうと思っていましたが、外に出るのが面倒で中止。
ホテルの1Fの¥1000のモーニングにしました。

ホテル内なのに、保護メガネかけて行きました。
しかし、やっぱりメニューが読めない!!
老眼鏡かけて、やっとだったか、それでも読めなかったか・・・
読めないなりに、モーニングを注文。

あやしげな、一人客でした。

部屋に戻って、
劇団四季のチケット予約。(おいおい・・・)
携帯で予約しましたが、
老眼鏡かけて、やっとです。
しかし、最後の座席確認の画面。小さすぎて、読めないよ~。
必死で見ても読めないよ~。
必死で、必死で、目を凝らして、わからないなりに、予約。

遠くは、よく見えます。
痛みもありません。
たまーーに、ゴロゴロする感じはするけど、
そりゃ、目を切っている(?)んだから、普通じゃないよね。
右と左を見比べると、やっぱりビミョウに右の方が見えるかな~。
曇った感じはありません。

11時にチェックアウトをして、
13時の検査予約まで、暇なんで、
「そうだ!並んで、クラブハリエのバームクーヘンを買おう!」
とタカシマヤのクラブハリエに行きました。
ここで一時間くらい、つぶれると思ったのに、
待ち時間 30分。
本日中の賞味期限のバームクーヘンを買い、
まだまだ時間が余るんで、

「そうだ!ここでバームクーヘンも食べちゃおう!」

しかし、喫茶は、ガラガラ。待ち時間なし。
バームクーヘンセットを注文して、
ここで、時間をつぶしました。
目薬も、ここで差しました。

その後、タカシマヤをふらふらして、翌日検診へ。

検査は、多分(もう忘れちゃったけど)
術前検査と同じかな。
機械での測定一種類と、視力検査。

その後、診察。

医者「痛みとか、どうですか?」
私「今はありません」
医者「(目の状態)綺麗なもんですね~」

右目 1.5。 左目 1.2 の視力でした。

私「わかってはいましたけど、老眼がね~」
医者「そうですね。ま、安定するまでは、百円均一の老眼鏡で様子みてください」
私「銀座院のCK(老眼の手術)をすれば、見えるようになりますか?」
医者「そうです。でも落ち着いてからにしてくださいね。1年後とか」

ってことで、内心一年後は、東京での老眼手術(CK)を目論んでいる私です。

一時間もかからずに、終了かな。
次回は、一週間後検診。金曜日の16時に予約を入れました。
(というか、私の手術の時間が遅かったので、先の人から、予約を入れて、もうそんな時間しか空いていなかったのか?  16時以降で・・・と言われました)

 

レーシックの翌日および翌日以降

 

レーシックの翌日検診の帰り道、

メニコン メルスプランの目医者に寄って、
退会を申し出ました。

メニコン「どうして、退会されるか理由を聞いてもいいですか?」
私「近視矯正手術を受けたので、もう必要なくなったんです」
と、ちょっと得意げ?????

近視用のメガネも、品川近視クリニックにおいてある寄付箱に寄付してきました。

金曜日に手術を受けて、土曜日・日曜日と家でおとなしくしていました。

月曜日に出勤。
果たして、この目(老眼)で、どこまで仕事ができるのだろうか。
家で、パソコンを触ったときにわかったのですが、
パソコンが見えないのも、老眼なんだと初めてわかる。

老眼って、もっと近くのものだけだと思っていたんだけど、
50cm先、1メール先も、老眼の影響が出ているんですね~。

今まで、一番度の低い老眼鏡を使っていましたが、
視力がよくなった分、一番度の低い老眼鏡では、小さい文字が読めません。

でもパソコンと、机の上の「小さくない字」は、OKです。

ということで、一番度の低い老眼鏡(1.0)、
または、二番目に低い老眼鏡(1.5)で、
パソコンを見ながら、仕事をすることができるのがわかりました。

今日は、仕事帰りに、百円均一に寄って、
老眼鏡(1.5)と老眼鏡(2.0)と老眼鏡(2.5)を購入。

とりあえず、いろいろ揃えて、確かめます。

遠くは、全然OK。
今日は、バスで出勤しましたが、
運転するには、じゅうぶんな視力です。
くっきりはっきりです。

 

レーシック一週間後検診

2009年2月27日(金曜日)にレーシック手術をして、28日(土)に術後検診。

3月6日(金)16時に一週間後検診の予約を取りました。

早めに着いてしまった。15時35分。
たまーーにあるのですが、背が低いせいか(?)自動ドアが
開かないことがあります。

品川近視クリニック(名古屋)の自動ドアが開かない!
一度、遠ざかって、また近づいても開かない。

5回くらいやりましたが、全然開かない・・・

もしや、銀座眼科みたいに、何か発覚して
クローズされたかと思いましたよ!

しょうがなしに、次にやってくる人を待っている。
その人が近づいたら、すっと開いた・・・
その人と一緒に中に入りました。
(子供みたい・・・・)

てことで、受付到着 15時45分。

16時には、検査終了していました。はやっ!
検査は、

  1. 気球を機械で見る検査と、
  2. 風が、目にパシュッ!パシュッ!と当たる検査と
  3. 視力検査と
  4. 診察

でした。
右目 1.5
左目 1.5
だって。

うーーん、明らかに、左目の方がワンランク低い(見えない)と
思うのですが、
一回でも、そのラインが当たったら(読めたら)1.5にしちゃってる?

ま、いいですけど。

前回、何気に、問診で
「近くが見えないけど(老眼)、東京の銀座院でCK(老眼手術)を
したら、見えるようになりますかね?」
と聞いたら、
その時の医者は、「そうです」と言っていましたが、

それが、しっかりカルテに書いてあるらしく

違うお医者さん(でも、最初の術前検診の時の人だなぁ)が
「CKやりたいんですか?」
「どんな手術が、知っていますか?」
「片方だけ手術して、右と左の視力が違うようにするわけだから、やらない方がいいんじゃないですかね~
「せっかく、両方、よく見えるようになったんだから、
 どうしても、メガネ(老眼鏡)をかけたくない。って言う
 理由があるわけじゃなければ、老眼鏡で対応した方が
 いいかなって思いますけど。」
「ま、三ヶ月検診のときに考えましょう」

私も何気に、「老眼の手術したい!」ってポロっと言っただけなのですが、結構真剣に考えてくれていたし、
このお医者さんは、なんでも勧める訳じゃなくて、
こういう説明をしてくれて、

「いい先生だ~」とちょっと感激しました。

今まで、検診で、「痛みは?」と聞かれても
多少の痛みは、あるもんだ・・・と思って、
「今は(痛みは)ありません」と答えていましたが、

次回の検診は、三ヶ月後なので、

医者「何か変ったことは?」
私「時々、チクチクするというか、ゴロゴロするというか・・・」

医者「ドライアイですね。目薬出して置きます」

と、箱でドライアイ用の目薬を貰いました。
この目薬が終わったあとは、市販の目薬でいいそうです。

免許書を修正しなくては

レーシック手術を受けたことにより視力があがり、メガネやコンタクトが不要になりました。

免許書には、備考に「眼鏡等」と書かれています。

それを削除しないと、道路交通法(?)的にマズイらしい。

ということで、職場のそばに、警察署があるので、
仕事帰りに行ってきました。

住所変更などは、警察でやってくれますが、
この「眼鏡等」を外すのは、駄目でした。

免許センターに行って、視力検査をするらしい。

ネットで見たブログには、「警察」で更新できたような事が書かれていたのですが、県警本部(名古屋)だったら、出来たのかも。↑と思いつつ、ネットで探したら、
やっぱり、警察では駄目みたいでした。

レーシック