misty's Blog

旅行が中心ですが、趣味など経験したものを書いています

【上腕骨近位端骨折】手術して1週間、お天気もいいので、実家の母の様子を見に歩いて行ってみた。腕・肩のむくみ・だるさが、かなり痛い。

【上腕骨近位端骨折】もくじ

4月11日(日曜日)ケガをして、二週間、手術して1週間

 

むくみは、手首よりしたは引き、でも色が黒い。

 

病院の隣のベッドのおばあさんが、

「こんな色になった。元々黒い手が、もっと黒くなった」

と看護師さんに言っているのが聞こえたけれど、同じことか?

肘より下は、まだ、皮下にぽよんぽよんとしたものがある感じで、むくんでいると思うけれど、だいぶ腫れが引いたきがする。

肘より上は、まだダメ。

ネットリサーチで、やっぱり、三角巾、していないとまずくない???? と不安に思い、ゆうべは、「寝るときだけでも、三角巾」しよう。と 三角巾をして寝る。

でも、三角巾をしたら、したで、拘束されているだけで、辛い。 痛い気がする。

曲げても痛いし、伸ばしても痛いし、どっちがいいのか?

今の痛みは、肩がダルイ感じの痛さ。重い。鈍い痛み。肩の 中にある(骨)が痛いのか、打ち身が痛いのか、傷口が痛いのか、やっぱりよくわからない。

夜中から、頭痛もするので、今日は、朝食後に、ロキソニンを飲んだ。残りあと、4回分。

日曜日に、兄たちは、帰って行った。 母が心配だけれど、夫が日曜日の午後、行ってくれた。

 

私は、今日、一人で歩いて、実家に行ってみようと思っている。 どこまでやっていいのか、どこまで安静にしなくてはいけないのかが、わからない。

昨日は、図書館の新しい本を借りてきてくれたので、 一冊読み終え、 アマゾンプライムは、 「義母と娘のブルース」を見始める。 骨がズレてしまったり、ネジが取れてしまったり、何か腕の中で起こっているのが、怖くて、リハビリは、土・日とほとんどやっていない。 ちょっとやりかけると、痛みが今までに比べてひどく、その痛みがずーーーっと残っている気がするので。特に、肩の前の部分。

 

4月12日(月曜日)

 

だんだん、毎日のことがわからなくなってきた。 ゆうべは、9時少し前に寝て、10時過ぎに、起きて、かなり腕が痛んだので、 薬を飲む。 12時くらいにまた起きて、痛みがあったので、あまり、鎮痛剤聞かなかったのかなぁ~。 もう痛くても、飲むのを辞めるか。

ゆうべも、三角巾を吊って寝てみた。

月曜日は、お天気もよくて、 ケガをして、初めて、歩いて15分かかる実家へ、牛乳を持っていった。

母は買い物ができなくて、牛乳がもうなくなりそうだったからだ。

意外に歩くのは、大丈夫だった。 気持ちもよかった。ゆっくりと歩いた。

帰りは公園に寄って、ベンチに座って、ぼぉ~っとした。 すぐ、家に帰ったけれど。 ファミマの無料券(ファンタとチューハイ)があったので、昼用のサンドイッチを買いながら、無料のファンタとチューハイを、貰ってきた。

家では三角巾を使っていないけれど、外出中は、アピールするために、三角巾を使っていく。

ファミマでも、本来、自分で商品を持ってくるのだろうけれど、 冷蔵庫のドアを開けて、棚から取り出すのは、片手では、至難の業だと思い、 右手使えませんをアピールして、 スマホの無料クーポンを表示して、ファミマのおばさんに持って来てもらった。

あとは、相変わらず、ゴロゴロしているが、どうなのだろうか。 安静がいいのか、動いた方がいいのか。 昼間は、それほど、痛みがない。リハビリの仕方では、痛くなる。

アマゾンプラムの「義母と娘のブルース」を全部見て、去年のお正月特番?のスペシャルも見た。

 

前回見た、映画「マチネの終わりに」の本を読み始めた。 本を読むと、詳細が描写されているので、映画をさらっと見ていた部分に、こういう意味があったのか、と思う。 映画は、ギターの音楽がとても綺麗だし、パリの街とかも、映像があったりするので、それはそれでいいが、 先に本を読んだ方がいいかも。

 

太陽生命の担当のおばちゃんが、来た。 この人、私が30歳くらいの時に、アパートの外で子供を遊ばせていたときに、セールスに来て、ハナシも上手だったけれど、私も、なんとなく、入ってもいいかと思い入った保険

 

5年契約で、満期があり、その満期金額で、また次の5年分の保険に入るみたいに、更新しているが、 30年前に加入して、22年前に乳がんで、保険金を貰い、

今年、ケガをして、手術と入院の保険のみいただける(通院はなし)

 

このおばちゃん、もう70歳は、過ぎているだろうなぁ~。

 

さて、写真ではよくわからないかもしれないけれど、4月10日に撮った写真。 押すと、痛い。ぷよぷよと血の塊(?何かの塊?)が入っている感じで、押すと、凹んで、へこんだままになる部位を青字で書いてある。

ピンクの丸付き文字は、すでに、なんのために書いたか忘れちゃったけれど、リハビリの時に痛む場所だったかも。 パンパンに腫れていたのですが、 今日の痛み具合を書いておくと、

  • 1は、もう痛みなし。
  • 2は、まだ痛いし、ぷよぷよしている。
  • 3は、痛くて、ぷよぷよ感は、ほとんどない(少しある)
  • 4は、腫れていて、硬い。
  • 5は、痛いけれど、ぷよぷよ感はなし。

そう比較すると、だいぶ、ぷよぷよが、無くなってきたのかも。 リハビリ時の赤字丸文字2番が、かなり痛い。

f:id:mistysonata:20210414062813j:plain

f:id:mistysonata:20210414062852j:plain