misty's Blog

旅行が中心ですが、趣味など経験したものを書いています

【上腕骨近位端骨折】手術の時に縫った「溶けない糸」が身体から出ていて、溶けないままな件 day-125

www.mistysonata.work

 

土曜日に整形外科のリハビリ。

11時40分開始。

リハビリだけなら、すぐだけれど、今日だと、院長先生いないから、副院長先生に、糸を切ってもらおう。と診察もお願いするために、 10時に家を出る。

 

※2人体制で、私の担当は院長先生だけれど、院長先生、2回糸を取るのにチャレンジして、うまくいかず、どうもやりたくないらしい。
かと言って、2人体制の時に行って、副院長先生を指名するのもなんだかなぁ~と。
という事で、あえて、副院長先生しかいないときにチャレンジです。

 

リハビリは11時40分から。 ところが、めちゃ混みで(コロナワクチンも行っているので、輪をかけて混んでいる) リハビリ前に、診察できず。

リハビリ終了したのが、12時10分で、それから診察を待つ。

 

で、糸の件を話したら、 ちょっと迷惑そう(なのは、看護師だけれど・・・先生は、とてもやさしい)

院長先生は、ピンセットで、ピッと引っ張って、取ろうとして、取れなかったけれど、 今回、副院長先生は、「メスで切らなくてはいけないかもしれない」 ということで、

看護師「時間が、かかりますけれど(それでも)やりますか?

 

私も、リハビリだけなら、30分で終わるのを、このために、2時間も待っていたんだから、いまさら、やめられないよ〜〜。という気分なので、

 

私「はい」

 

看護師「そうすると、あと30分〜40分待ってもらう事になりますけれど・・・」

 

私「私は、構いませんが・・・・」

私に断って欲しかったのか??? 私も、向こうが「今日は無理」と言えば、引き下がったけれど、 やってくれるなら、もう片をつけたい。

 

結局、メスは使わずに、ピンセットで、なんとか、少し取ったけれど、 さて、これがどうなることか。

 

身体の中に埋もれていれば、溶ける糸 でも、外に出てしまっているので、溶けないで、そのまま出ていて、チクチクする。

 

身体の中の糸が、完全に溶けていれば、すぐ取れるけれど、 そうでなければ、メスを使って、切って、取り除かなくてはいけないらしい。

 

私も、別に急がないけれど、このまま、市民病院も、この整形外科も、通うのが、終了になったら、 その後、どこにどうお願いして、取ってもらえばいいのか、わからないので、 できれば、通っているうちに、なんとかして欲しかったんだよねー。

 

そんなこんなで、整形外科から帰ってきたのは、14時でした。

 

今回は、抗生剤も与えられなかったし、お風呂も入っていいと言われたし、それはそれで、ちょっと心配。なので、触らないようにしているから、今は、糸が出ているかどうかが不明。

 

【追記】

ちょっとだけ、糸が残っていた所は、次の診察で、先生が

「どうなりましたかねー」と言って、

「あ、まだちょっと残っているね」と触ったら、ぽろっと糸が取れてしましました。

これで、もう糸は出ていません。

ただ、一か所だけ、糸が出ていないけれど、埋もれていて、ぷくっと膨れている所があります。